ホットレモンウォーターの効果がスゴイ!簡単な作り方を調査

[最終更新日]2016/01/30

毎朝起きてから水を飲む方は多いのではないでしょうか?
私も寝起きは常温の水、冬は白湯を飲むようにしてます。
空腹にスーッと染み込む水は、気分をスッキリさせてくれますよね^^

ところで、毎朝飲んでいる水に「あるものを追加するだけ」でスゴイ効果をもつものがあるんですが、それが何かご存知ですか?

そう、あるものとはレモン』です!
いつも飲んでいる水や白湯にレモンを入れるだけで、嬉しい効果があるんですよ!

そこで今回は、レモンウォーターを温めたホットレモンウォーターの効果や作り方を調べてみました。作り方はとっても簡単です。明日から新習慣、始めてみませんか?

スポンサーリンク

ホットレモンウォーターは美容や疲労回復に効果がある!

 

ホットレモンウォーターはレモンの効果をより感じられる飲み物です。
レモンは美容健康に欠かせないビタミンCがぎっしり入っている優れた果実なんです。
まず先にレモンに含まれる栄養と効能を簡単にご紹介します。

レモンのアイコン素材 3 ビタミンCは柑橘類でトップ!美肌作りに欠かせない!
レモンの100g当たりのビタミンC含有量は50mg。
成人女性一日のビタミンCの推奨量または目安量は100mgなので、レモン100gで半分を摂取できます。

そしてビタミンCには様々な効能があります。
・疲労回復
・風邪の予防
・老化の防止

・抗酸化作用によるがん予防
・血管を丈夫にし、動脈硬化や高血圧の予防など。

ビックリマークのアイコン素材 7 美肌作りに欠かせないのはコラーゲンと関係があるから!
ビタミンCは美容に欠かせないコラーゲンの生成と深く関わりがあり、コラーゲンの働きを補助することで肌にハリ・ツヤを出すことができます。
他にもビタミンCはシミやソバカスの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きもあります。

     レモン水 (1)
レモンのアイコン素材 3 レモン果汁にはクエン酸。抗菌作用や殺菌作用がある!
ビタミンCの働きをサポートするクエン酸は疲労物質を分解してくれます。
また、レモン特有の香りには心身のストレス症状を緩和します。
確かにレモンのスッキリとした爽やかな香りは気分を落ち着かせてくれますね^^

レモンのアイコン素材 3 レモンの皮にはルチン。動脈硬化を予防する!
ビタミンCの吸収を促進するルチンはポリフェノールの一種です。
ルチンは毛細血管の働きを正常に保ち、動脈硬化を予防してくれます。

スポンサーリンク

レモン自体に栄養や効能がたくさんあるのがわかりました。
ではホットレモンウォーターにすると具体的にどうなるのでしょうか?

コーヒーカップのアイコン素材 ホットで飲むことにより体が温まって良いこと尽くしです!
レモン果汁をそのまま使うホットレモンウォーターは、

・温かいものを飲むことにより血行がよくなり代謝があがる!
・むくみやデトックス効果もある!
・レモンの食物繊維ペクチンによる便秘が改善できる!
・疲労回復ができて、リラックス効果が高まる!

など体をリフレッシュする効果が目立ちますね。
夏は冷えたものでもいいですが、寒いときはホットで飲む方がおすすめです^^

では最後にホットレモンウォーターの作り方をご紹介します。

ホットレモンウォーターの作り方は切って搾って入れるだけ!

 

レモン1個を半分を切り、コップ1杯(200ccぐらい)のお湯に搾って入れるだけ!
本当にこれだけです。

輸入レモンのワックスが気になる方は、塩をつけてこすれば落とすことができます。
レモンを保存するのが面倒!と言う方にはレモン果汁100%のレモン汁がおすすめ。
ティースプーンに1杯入れて混ぜるだけです。

     bowl-336538_1920
もう少し甘みがほしいと言うときは蜂蜜を入れると美味しいですよ^^
より体を温めたいなら生姜を擦り下ろして入れましょう。
乾燥生姜パウダーもいいですね。

とても手軽にできるホットレモンウォーター。
朝起きてからはもちろん、夕食後や風邪のひき始めにも効果があるのでお試しください。

いつもの朝に、少し変化を起こしてみませんか?
ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

他の関連記事はこちら↓
毎日飲むコーヒーは一日何杯までがいいの?
arrow039_02 コーヒーは一日に何杯が健康に良いの?珈琲の効果効能は?

少しずつ健康のすすめ。たまには散歩しよう!
arrow039_02 散歩(ウォーキング)の効果的な時間は?散歩の効果を調査

スポンサーリンク

おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 大豆の花

    2017-8-15

    大豆の栄養と効能!大豆イソフラボン含有量はどれくらい?

  2. 烏梅

    2017-8-7

    烏梅(うばい)とは何か?効能と烏梅汁(烏梅湯)の作り方とは?

  3. 切り干し大根

    2017-8-1

    切り干し大根の栄養と気になる糖質!乾物でも食べ過ぎには要注意?

  4. くるみ4

    2017-7-24

    くるみの栄養と効能!知らないと損してるクルミのパワーとは?

  5. 2017-7-19

    トマトとミニトマトはどっちが栄養豊富?リコピン含有量は?

  6. 2017-7-13

    空芯菜(ようさい)の栄養と効能!葉は生でも食べられるって本当?

  7. 立派な大葉

    2017-7-1

    大葉(シソ・紫蘇)の栄養と効能!効果的なその使い方とは?

  8. 青紫蘇5

    2017-6-16

    大葉の食べ過ぎはどうなるの?気をつけたい1日の摂取量は?

  9. 赤紫蘇と青紫蘇

    2017-6-8

    赤紫蘇と青紫蘇の違いは?食べるならどっちが体に良いの?

  10. 木漏れ日

    2017-4-15

    【薬膳の基礎知識その6】整体観(人と自然の関係と六気・六淫)

ピックアップ記事

  1. 生姜は好きですか?私はあのピリっとした味が何とも言えず、好きです^^ 特に寒い日に生姜が入ったスープ…
  2. 前回は花粉症を悪化させる食べ物を8種類ご紹介しました。 まだ見てない方はこちらをどうぞ↓  花粉症を…
  3. あなたは一日に納豆をどれぐらい食べますか? 一日に2パック? 健康を考えて毎食、一日に3パック…
  4. 五臓六腑
    [speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="mita.…
  5. ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
ページ上部へ戻る