ごぼうの皮に栄養あり!丸ごと使って温かいスープにしよう

[最終更新日]2015/12/09

ごぼうの皮をゴリゴリと削って料理しているそこのあなた。

ごぼうは皮が大事でなんです!

皮には栄養がたくさん詰まってるので、あんまり削らないでください~!

ポリフェノールが逃げていきますよ~!!!
(以上、ごぼうの心の代弁でした)

さて、ごぼうが日本にやって来たのは平安時代。
中国から薬草として渡来したと言われていて
私たち日本人には親しみがある食材ですが、

なんとビックリ、日本以外で食べている国はほとんどないそうです。

中国では主に、漢方の材料などに使われるそうですが、
欧米などでは「日本人は根っこを食べている」と思うそうです。

ごぼうって、外国ではマイナーな食品だったんですね・・・。
確かにごぼうを洗ったときって、土の匂いがプンプンしますから、
あの匂いが料理のイメージに結びつかないかもしれませんね。

そんな日本以外ではマイナーな野菜のごぼう。

実は女性にとっては嬉しい食物繊維がたっぷりだったりします。

今回は野菜世界のひっそりもの、ごぼうをご紹介します!

スポンサーリンク

ごぼうのアクはうまみの素。ごぼうの三大常識

 

ごぼうを水にさらすと水が茶色に変わりますが、
この色こそがポリフェノール。
ポリフェノールは動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用があります。

ごぼうの皮にはポリフェノールがたくさん含まれているので、
皮をこそげ落としてしまうのは、栄養を逃がすことになってしまいます。
それではとてももったいないので

ごぼうの三大常識をご提案します!

①皮はむかない
②水にさらさず素早く調理する
③大きめに切る

これです!

むかずに素早く大きく切る!

しかし新鮮なごぼうには土がついているものです。
そんなごぼうの泥や汚れは、たわしなどでこすってよく洗い、
包丁の背で少しこそげ落とすだけにしましょう。

続けてごぼうの他の栄養をご紹介します

 

食物繊維がたっぷりで、腸内環境を整えてくれるごぼう。

 

ごぼうに含まれる多糖類(単糖が数十から数百結合した糖のこと)

イヌリン
炭水化物の一種でカルシウムの吸収を促進し、腸のバクテリアを活発化させる
ごぼうは高濃度のイヌリンを含んでいます。

繊維質のセルロース
植物から作られる食物繊維の一種。腸の運動を促進し、便秘を防いでくれる。

リグニン
植物中にセルロースと結合する高分子化合物。腸内の残留物の排出に役立つもの。

この3つの含有量は野菜の中でもトップクラス!
整腸作用や動脈硬化の予防、さらにはガン予防にも効果が期待されます。

ごぼうの美味しい旬の季節は11月から1月
新ごぼう(皮の色がうすいもの)は4月から5月

調理するのに少しの手間はありますが、
その手間を補うほど食物繊維が多く栄養価の高い野菜です。

つぎはそんなごぼうを丸ごと使うスープと保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク

丸ごと使ったごぼうスープと再びおいしく食べる保存方法

 

    スープ

ごぼうの食感が良い!ごぼう丸ごとスープ

用意するもの(4人前)
ごぼう:1本
玉ねぎ:1個の半分
じゃがいも:2個
コンソメ:1個
バターかマーガリン:炒める用適量
黒コショウ:適量
牛乳:100~200ml
水:400cc
※水分量はお好みで調節してください。

作り方
① ごぼうをよく洗って斜め薄切りにする。
② 玉ねぎとじゃがいもを薄切りにする。
③ バターかマーガリンで①と②をフライパンで炒める。
④ ③の粗熱が取れたら、具の形が残るくらいまで
    ミキサーかフードプロセッサーで砕く。
⑤ ④を鍋に入れ、水と一緒に煮て、沸騰したら牛乳とコンソメを入れる。
⑥ 味見をしながら、黒コショウで調節

完成です!

ごぼうの香りがそのまま残っていて、食べ応えがあるスープに
なりますので、ごぼうを買ったら試してみて下さい~

続けてごぼうの保存方法をご紹介。

泥がついているごぼうは風味・鮮度が落ちにくく
新聞紙に包むと冷暗所で1~2週間は保存できます!

冷蔵
新ごぼうは鮮度が落ちやすいので、ラップで包んで冷蔵し、
数日のうちに食べきりましょう。

冷凍
水で泥を落とし、皮を削って調理しやすい大きさに切り
軽く茹でて水をよく切ってから冷凍しましょう。

春と冬に美味しいごぼう。

肉や魚と一緒に使うと匂い消しにもなし、味を引き立てます。
他にも手軽なごぼうサラダ、味噌汁、漬物と調理方法を選ばない
優秀な食材です。

ぜひお試しください。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

美味しい野菜の栄養と効能・効果のまとめはこちら
arrow039_02 健康に良い野菜を食べよう!美味しい野菜の栄養と効能・効果

スポンサーリンク

おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 大豆の花

    2017-8-15

    大豆の栄養と効能!大豆イソフラボン含有量はどれくらい?

  2. 烏梅

    2017-8-7

    烏梅(うばい)とは何か?効能と烏梅汁(烏梅湯)の作り方とは?

  3. 切り干し大根

    2017-8-1

    切り干し大根の栄養と気になる糖質!乾物でも食べ過ぎには要注意?

  4. くるみ4

    2017-7-24

    くるみの栄養と効能!知らないと損してるクルミのパワーとは?

  5. 2017-7-19

    トマトとミニトマトはどっちが栄養豊富?リコピン含有量は?

  6. 2017-7-13

    空芯菜(ようさい)の栄養と効能!葉は生でも食べられるって本当?

  7. 立派な大葉

    2017-7-1

    大葉(シソ・紫蘇)の栄養と効能!効果的なその使い方とは?

  8. 青紫蘇5

    2017-6-16

    大葉の食べ過ぎはどうなるの?気をつけたい1日の摂取量は?

  9. 赤紫蘇と青紫蘇

    2017-6-8

    赤紫蘇と青紫蘇の違いは?食べるならどっちが体に良いの?

  10. 木漏れ日

    2017-4-15

    【薬膳の基礎知識その6】整体観(人と自然の関係と六気・六淫)

ピックアップ記事

  1. 五臓六腑
    [speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="mita.…
  2. 生のくるみを、ジャボンと水に沈めてみました。くるみが生で食べられると知ったので、さっそく水に浸けてみ…
  3. あなたはどのお米が好きですか? 玄米に雑穀米に古代米に白米と、豊富な種類はいつも選ぶのに悩んでしま…
  4. 冷やしぜんざいにお餅入れようと焼いてみたら、変な形に焼けました。前回は緑豆の栄養をご紹介したので、今…
  5. 牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
ページ上部へ戻る