鼻うがいハナノアは使うと痛い!?使い方のコツとメリット!

[最終更新日]2017/01/07

この記事を読むのに必要な時間は【約 5 分】です。どうぞお楽しみください!

鼻うがいしたいけど、なにを使えばいいのか分からない・・・

生理食塩水を使って自分で鼻うがいするほうがいいの?
それとも鼻うがい専用の洗浄機のほうが安全・・・?

選択肢が色々あって困りますよね。そんなお悩みの方に朗報です。
私が2つの商品を実際に使ってみた感想を3回に分けてご紹介します!

  • 第一弾は小林製薬さんの『ハナノア』
  • 第二弾は東京鼻科学研究所さんの『ハナクリーンS』
  • 第三弾はハナノアとハナクリーンSのメリットデメリットの比較。

今回はハナノアの使い方のコツと、実際使ってみた感想をまるっとご紹介します^^
まだ使ったことない方の参考になれば嬉しいです。

使った感想を今すぐ知りたいかたは下のリンクをクリックするとジャンプします↓
ハナノアを使ってみた感想とメリットデメリット

※生理食塩水を使った鼻うがいについてはご紹介していません。
私自身鼻うがいを始めてから回数が少ないので、自分が安全に使えると確信がもててからご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

小林製薬さんの『ハナノア』使い方のコツ

それではさっそく小林製薬さんのハナノアを画像でご紹介していきます。

病院の診断書のアイコン素材 1 薬局で買えるハナノア

IMG_20160208_125357
洗浄器具と専用洗浄液300mlが一箱に入ってます。
値段はメーカー希望小売価格1,000円(税込 1,080円)です。
※洗浄液がなくなったら専用洗浄液500mlが必要です。

IMG_20160208_125453
洗浄器具は手のひらより少し大きめですが持ち運びも可能。
手で押さえやすい素材なので、使うのも割と楽です。

ハナノアを使用する前に必ず注意事項を読みましょう。
※誤った使い方は鼻や喉に損傷を与えるのでここだけは読んで下さい!

ハナノアの使用上の注意!!


①15歳未満の小児には使用させないこと
②嚥下障害がある方は洗浄液が気管支や肺に入る恐れがあるので使用しないこと
③耳鼻咽喉科の治療を受けている方は使用前に医師に相談すること
④洗浄後は鼻を強くかまないこと(耳の内部に洗浄液が入り中耳炎になる恐れ)
⑤鼻の洗浄のみ利用すること
⑥鼻の炎症・鼻づまりがひどいときは使用しないこと
⑦目に入らないようにすること。万が一目に入った場合は流水で洗い流すこと。
⑧洗浄液を飲み込んだり、耳の内部に入って取れないなど異常がある場合は医師に相談すること

ハナノアは15歳未満の使用はダメです。
もうひとつのハナクリーンSは15歳未満の小児でも使用可能です。
それではさっそく鼻うがいをしましょう!

IMG_20160208_130722
まず洗浄器具の鼻に差し込むノズルを外し、洗浄液を20ml入れます。
※器具に20mlのメモリが書いてあるのでそのメモリまで入れましょう。

IMG_20160208_125525
洗浄液を入れたら鼻に差し込むノズルを元に戻します。
『うえ』と書かれているほう(赤枠で囲ってます)を上に向けて使います。
この鼻に差し込むノズルの先端から洗浄液が出ます。

専用の洗浄液は痛くないので大丈夫です。鼻うがいしましょう。
勢いよく吸い込むと痛くなるので気をつけて下さい!!
IMG_20160208_125257
画像にあるように正面を向いて洗浄液を注入します。
(頭を傾けすぎると喉から飲み込んでしまうので正面を向いて!)

IMG_20160208_125326
注入された洗浄液は口に流れて来るので吐き出します。
洗浄器具に入れた20mlを使い切るまで左右の鼻を洗浄しましょう。
使用の目安は1日、1~3回です。

洗浄したあとの器具はしっかり洗ってよく乾燥させましょう。

指さしチェック黄ハナノアの使い方のコツ!!
・服装が汚れやすいので洗面台かお風呂場で使いましょう。
・鼻がつまっているなら洗浄液が通りにくいので、先に鼻をかんでおきます。
・すきまが出来ないように鼻の穴に器具を差し込んでください。
・注入するときにもう片方の鼻はつままなくても大丈夫です。
・最初は洗浄液がなかなか口に流れてこないです。
 そんなときは無理に口から出すのではなく、鼻から洗浄液を出しましょう。
・洗浄液を飲み込んでしまう人は「あー」と言いながら注入しましょう。
 口から出しやすくなります

 

難しい作業がないので目を洗うように鼻を気軽に洗えるハナノア。
薬局ですぐ手に入るということも手軽さのひとつですね^^

次にハナノアを使ってみた感想とメリットデメリットについてご紹介します。

スポンサードリンク

ハナノアを使ってみた感想とメリットデメリット

最初にハナノアを使ってみた感想は『洗浄液が口から出ない!!』でした。

注入する力が弱くて鼻の奥にうまく洗浄液が流れなかったのです。
仕方ないので鼻から洗浄液を出すと、鼻と口がものすごく汚れました(笑)
ハナノア使うときはタオル必須ですよ!!

何回か使ってみると『痛くなくてすぐ使えるのが便利』に変わりました^^

メリットとデメリットにわかりやすく分けてみると

 指さしチェック黄メリット
・使い方が簡単なので鼻うがい初心者で気軽に使える
・手軽だから鼻がムズムズしたらすぐ使える
・1回使うだけで5時間以上効果が持続する※個人差があります。
・洗浄器具が小さいので外出するときにも持っていける

指さしチェック赤デメリット
・15歳未満の小児は使えない
・専用洗浄液の替えがいる
(専用洗浄液500mLメーカー希望小売価格800円(税込 864円)

ハナノアのデメリットはやはり小児が使えないことと、専用洗浄剤が必要なことです。
1回20ml必要ということは初回のボトル300mlで15回分。
替えの洗浄液は500mlで25回分鼻うがいができます。

1日2回の鼻うがいだと12日と1回分、少し割高かもしれませんね^^;

ハナノアはネットで安く発売しているところもあります。
金額を比較して購入することをおすすめします↓

慣れるまでは少しコツがいりますが、慣れると便利なのでお試しください^^

ここまでご覧いただき、ありがとうございました~!!

関連する記事はこちら

2016年の花粉症対策の記事をまとめました!
その場しのぎの処置ではなく、根本的に花粉症を克服してみませんか?
 花粉症まとめ2016年花粉症対策まとめ。鼻うがいと腸内環境改善で克つ

他にも色々作ってみた&試してみた記事のまとめはこちらです↓
チェック黒 自分で色々作ってみた&商品を試してみた正直な感想のまとめ

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 2017-1-17

    【薬膳の基礎知識その1】薬膳とは何か?どんな役に立つのか?

    ※注:読む時間に11分とありますが、そこまでかかりません(実質4分ぐらいです) [speech_b…
  2. 2017-1-6

    納豆の食べ過ぎはNG?一日3パックの摂取は思わぬ落とし穴が!

    あなたは一日に納豆をどれぐらい食べますか? 一日に2パック? 健康を考えて毎食、一日に3パック…
  3. 2016-12-21

    納豆アレルギーの症状と原因!自覚がない場合もあるってホント?

    納豆を食べ過ぎて、納豆アレルギーを発症しました。 ウソのような本当の話ですが、私の姉が納豆を食べ過…
  4. 2016-12-12

    かりんのはちみつ漬けの作り方!花梨の選び方とカビの原因とは?

    冬に起こりやすい喉の乾燥や風邪予防には、はちみつ漬けが一番!! 冬になると夫がよく喉を痛めるので、…
  5. 2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  6. 2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  7. 2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  8. 2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  9. 2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  10. 2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…

ピックアップ記事

  1. 本格化してきた花粉症の症状。 鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどが頻繁に起こると、気力が萎えてしまいます…
  2. ブロッコリーは緑黄色野菜の中でも、栄養豊富な優れモノ! なぜ栄養豊富かと言うと、それは野菜に含まれ…
  3. いつも捨ててしまう小豆の煮汁を、思い切って飲んでみましたよ!豆の煮汁を飲む機会はなかなかありませんよ…
  4. ゴーヤとおかかの相性が良いのを知って以来、ゴーヤの和え物にハマってます。夏バテ予防に我が家もゴーヤを…
  5. ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
ページ上部へ戻る