ごぼうをレンジで下処理すると食感がアップ!これはおすすめ

[最終更新日]2016/03/03

ごぼうの抗酸化力をアップさせるなら、レンジで加熱することがおすすめです。
以前ごぼうの下処理にレンジを使うと、抗酸化力が2倍になるとご紹介しました。

その記事はこちらです↓

ごぼうの抗酸化力をアップさせましょう!
レンジを使うと簡単ですよ。
ごぼう立ててみたごぼうの栄養価と効能。レンジの下処理で抗酸化力がアップ!

レンジで下処理するには2通りの方法があります。
それは電子レンジで
・70℃以上の熱で2分温めること
・500Wで40秒温めること

どっちを試せばいいの?どっちが正しいの?わかんない!
ということで、今回は実際に両方試してみた感想をご紹介します。
ごぼうをレンジで下処理するときの参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

設定温度はどっちがいいの?ごぼうの下処理レンジDEチン!

 

抗酸化力がアップしたという前回の記事内容はこちらです。

電子レンジで加熱して抗酸化力がアップしたという内容が2つある!

テレビ 2013年にNHKのあさイチで放送された内容
2センチ程に切ってレンジで70℃以上の熱で2分温めると抗酸化力が2倍になる

メモ 日本調理科学会誌が発表した内容
・ごぼうを50℃で20分間の蒸し加熱処理を行った
・ごぼうを電子レンジ500Wで40秒間加熱した
結果、抗酸化能の高いごぼうを調理することができる
参考資料はこちら⇒ごぼうの抗酸化成分と加熱による保護(PDF)

 

これを見てさっそくこの2つの方法を試しました。

電子レンジレンジでごぼうの下処理にチャレンジ!

用意するもの
・ごぼう1本
・調理用温度計

まず先に500Wで40秒加熱してみました。
IMG_20160301_173039
ごぼうの土を洗い流して、皮はむかずに切ります。

IMG_20160301_173157
ラップをせずに500Wで40秒加熱。

IMG_20160301_173639
調理用温度計で計測すると最高温度は49.1℃でした。

次に70℃以上で2分加熱してみます。
IMG_20160301_173740
レンジでお好きな温度に設定機能で70℃にします。
ラップをせずに70℃で2分間加熱します。

IMG_20160301_173958
さすがに2分も加熱すると水分が飛ぶのでは、と思いますよね。

IMG_20160301_174057
調理用温度計で計測すると最高温度は69.9℃でした。

以上で2通りのレンジでの加熱処理は終了です。

 

500Wで40秒加熱すると、ごぼうの最高温度は49.1℃。
70℃以上で2分加熱した場合のごぼうの最高温度は69.9℃でした。

切った断面を見てみると

IMG_20160301_174332
どちらも水分はそんなに抜けてませんでした。

うーん、見た目ではどちらも変わりがありません。
結局どっちで下処理すればいいの?と自分でも思いましたが、実はそれぞれ違いがあったんです!

スポンサーリンク

レンジでの下処理温度はごぼうの調理方法による!

 

調理用温度計をさしてみた時点で分かったのですが・・・
500Wで40秒加熱したごぼうのほうが柔らかくなってました。
(レンジの仕様によって硬さは変わる可能性がありますのでご了承ください)

70℃加熱のごぼうのほうがしっかり硬さが残っていたのです。

日本調理科学会誌のPDF(ごぼうの抗酸化成分と加熱による保護)には

50℃加熱の前処理を行うことで、抗酸化能の高いきんぴらごぼうを調理できることが明らかとなり、特に電子レンジで加熱処理を行ったものについては、抗酸化能が有意に高かったことが分かった。

このように50℃加熱によるごぼうに抗酸化力が期待できます。

ただしこのPDFには
『50~95℃で加熱しても生ごぼうの総ポリフェノール量は維持できている』
とも記載があるので、あまり神経質に考えなくてもいいのかなとも思います^^;

指さしチェック黄 ごぼうの調理方法によって加熱処理を変えてみるのもいい!

きんぴらごぼうにするならレンジの下処理は70℃で2分加熱
サラダにするならレンジの下処理は500Wで40秒加熱

70℃で2分加熱するときは
・加熱後、さらに油で炒めるとき(きんぴらごぼうやパスタの具など)
・食感の好み(噛み応えがあるほうが好きなど)

500Wで40秒加熱するときは
・サラダにするとき
・お粥の具などにするとき(下処理後、あまり加熱しないとき)

などなど、調理方法によってレンジでの下処理は変えたほうがいいと思います。
個人的にはきんぴらごぼうにするなら70℃加熱の下処理がおすすめです。
しっかりとした歯ごたえがあって美味しかったですよ!

家のレンジ仕様によるところが大きいですが、もし自宅のレンジが温度設定ができる機種であれば、ごぼうの下処理を色々お試しください。

食感は下処理する・しないでだいぶ変化があります。
ぜひ美味しいごぼうを食べてくださいね^^

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

自分で色々食べた&飲んだ&使ってみました!
まだ試したことがない方の参考になれば幸いです。
139355 自分で色々作ってみた&商品を試してみた正直な感想のまとめ

スポンサーリンク

おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 大豆の花

    2017-8-15

    大豆の栄養と効能!大豆イソフラボン含有量はどれくらい?

  2. 烏梅

    2017-8-7

    烏梅(うばい)とは何か?効能と烏梅汁(烏梅湯)の作り方とは?

  3. 切り干し大根

    2017-8-1

    切り干し大根の栄養と気になる糖質!乾物でも食べ過ぎには要注意?

  4. くるみ4

    2017-7-24

    くるみの栄養と効能!知らないと損してるクルミのパワーとは?

  5. 2017-7-19

    トマトとミニトマトはどっちが栄養豊富?リコピン含有量は?

  6. 2017-7-13

    空芯菜(ようさい)の栄養と効能!葉は生でも食べられるって本当?

  7. 立派な大葉

    2017-7-1

    大葉(シソ・紫蘇)の栄養と効能!効果的なその使い方とは?

  8. 青紫蘇5

    2017-6-16

    大葉の食べ過ぎはどうなるの?気をつけたい1日の摂取量は?

  9. 赤紫蘇と青紫蘇

    2017-6-8

    赤紫蘇と青紫蘇の違いは?食べるならどっちが体に良いの?

  10. 木漏れ日

    2017-4-15

    【薬膳の基礎知識その6】整体観(人と自然の関係と六気・六淫)

ピックアップ記事

  1. 四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…
  2. 寝るときに口呼吸になっていませんか? もし口呼吸になっているなら、そろそろ改善したほうがいいですよ!…
  3. 前回は花粉症を悪化させる食べ物を8種類ご紹介しました。 まだ見てない方はこちらをどうぞ↓  花粉症を…
  4. 生姜は生で食べる方がいいの? それとも乾燥したものを食べる方がいいの? どっちが冷え性に効くの…
  5. 生のくるみを、ジャボンと水に沈めてみました。くるみが生で食べられると知ったので、さっそく水に浸けてみ…
ページ上部へ戻る