食べ過ぎ飲み過ぎ防止対策!飲食物の1日摂取量目安のまとめ

139352

この記事を読むのに必要な時間は【約 3 分】です。どうぞお楽しみください!

食べ過ぎ(飲み過ぎ)て気持ち悪い~・・・

飲食物の過剰摂取による影響は個人差がありますが、できるなら避けたいですよね。

『過ぎたるは猶及ばざるが如し』
何でも食べ過ぎ、飲み過ぎはあなたの体によくありません。

そこで今回は、今までご紹介した色々な飲食物の摂取量目安についてまとめました。
あくまで摂取量の目安なので、人によっては当てはまらない場合もあります。
そのときは、自分の許容量を知ることができたと温かく見守ってください^^;

【食べ物】と【飲み物】に分けて、五十音順でまとめてます。
これからご紹介する度に追加していくので、目安の参考にしてください^^

スポンサードリンク

 

食べ物の1日摂取量の目安

日常的に摂取するものから、健康を意識して食べるものまで。
食べ過ぎてしまうと副作用をもたらす食材もあるので、要チェックですよ!

 

高カカオチョコレート

チョコブロック2
健康効果が人気の高カカオチョコレート。
脂質含有量が多い食べ物なので、1日の食べる目安は必ず確認しましょう。

チェック黄高カカオチョコレートの効果と効能。1日の摂取目安量は?

高カカオチョコのカロリーと脂質も忘れずチェックしてみてください!
チェック黄高カカオチョコレートの気になるカロリー、脂質には要注意!

 

くるみ

くるみ2
こちらも健康効果が期待されるくるみ。
特に食べやすく加工されたものは女性に人気です。(私も好きです!)
くるみの摂取量を色々な視点から確認してみましょう!

チェック黄くるみは食べ過ぎると太るかも?1日の摂取量目安を調査!

 

酒粕

酒粕表
粕床に甘酒など色々加工することが楽しい酒粕。
たんぱく質のレジスタントプロテイン効果が期待できる食材です。
ただしアルコールを含むので、摂取量を確認して上手に付き合いましょう。

チェック黄酒粕の気になる栄養と効能。酒粕の1日摂取量はどのぐらい?

 

塩麹

塩麹本
漬けてよし、焼いてよしの塩麹は万能調味料で食材を選びません。
しかし気になるのが塩麹の塩分量。
この記事では塩分の摂取量目安と塩麹の塩分についてご紹介してます。

チェック黄塩麹は塩分とりすぎ?塩麹の塩分量と保存方法・保存期間は?

 

生姜

生姜3
冷え性さんの強い味方、生姜。
せっかく体を温めてくれるのに、食べ過ぎてしまうと思わぬ副作用が。
特に食べ過ぎには注意が必要な人のこともご紹介してます。

チェック黄生姜の1日の摂取量目安はどのぐらい?食べ過ぎには要注意!

 

松の実

松の実皿
小さな粒でいくらでも食べれそうな松の実は、効能の高さが注目されてます。
松の実のリノール酸含有量から、1日の摂取量目安を考えてみました。

チェック黄松の実の食べ過ぎは体に悪い?松の実の一日の摂取量と注意点

 

らっきょう

らっきょう皿
我が家で漬けているらっきょうは美味しくて箸が止まりません!
そして食べ過ぎた後で、ただよう臭いで後悔します^^;
らっきょうの血液サラサラ効果から、1日の摂取量目安をご紹介してます。

チェック黄らっきょうは1日何粒まで?食べ過ぎは腹痛や臭いのもとに!

スポンサードリンク

飲み物の1日摂取量の目安

し好品のコーヒーから、ホッと一息つきたいときのココアなど。
必ず毎日飲む、飲み物の摂取量をまとめました。

 

コーヒー

コーヒー
好きな人は嗜好の一品、コーヒーは古代では薬として飲まれていました。
現代でもコーヒーは健康効果が確認されています。
健康効果がもっとも高い1日の摂取量目安は、何杯か分かりますか?

チェック黄コーヒーは一日に何杯が健康に良いの?珈琲の効果効能は?

 

ココア

カフェ
生姜と同様に冷え性に効果があるとされるココア。
カフェイン含有量から、1日の摂取量目安を考えてみました。

チェック黄体を温めるココアの気になるカフェイン量。効能と栄養は?

 

米麹甘酒

甘酒3
夏バテ防止の優れモノ、米麹甘酒。
酒粕で作られたものより飲みやすいことで注目されています。
毎日無理なく飲めるのは、どれぐらいの量でしょうか?

チェック黄米麹の栄養価と効能。米麹甘酒の1日の摂取量はどれぐらい?

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. 大根2
    前回初めて自家製切り干し大根を作ったのは2015年の12月。年が明けて気温がグッと下がった1月に切り…
  2. ズッキーニアップ
    イタリア語で「小さなかぼちゃ」という名のズッキーニは、かぼちゃの仲間なんです。どこからどう見てもきゅ…
  3. 139352
    食べ過ぎ(飲み過ぎ)て気持ち悪い~・・・飲食物の過剰摂取による影響は個人差がありますが、できるなら避…
  4. 生姜4
    生姜は好きですか?私はあのピリっとした味が何とも言えず、好きです^^ 特に寒い日に生姜が入ったスープ…
  5. 雑穀米ランチ
    スーパーに並ぶ玄米と雑穀米、いつもどちらにしようか悩みますよね。種類がたくさん入ってる=栄養がある気…
ページ上部へ戻る