杏(あんず)の栄養と効能は?種(杏仁)にも効能あり!

杏3

この記事を読むのに必要な時間は【約 4 分】です。どうぞお楽しみください!

あんずを八百屋で発見したときは、即買いしないと次の日にはなくなってます。

我が家では毎年あんずジャムを作っているのですが、去年は出会えませんでした・・。
今年はネットで取り寄せようと決意させるほど、お目にかかれない果物です。

そんなあんず事情はさておき、あなたはあんずの栄養や効能をご存知ですか?
あの甘酸っぱい味が、体に良い効果がありそうですよね!

では具体的にどんな栄養や効能があるのでしょうか?

今回は

  • あんずの栄養
  • あんず効能
  • あんずの種(杏仁)の効能

この3つについて調べてみました。詳しく知って、より美味しく食べましょう^^

スポンサードリンク

 

あんずの栄養はβカロテンが豊富!

 

あんずの中で注目するべき栄養成分はβカロテンで、とても豊富に含まれています。
わかりやすく栄養成分を表にしてみました。

※七訂日本食品標準成分表をもとにした、可食部100g当たりの栄養素の量。
※栄養の隣の()内は成人女性の1日の推奨量または目安量です。

  あんず(生)
エネルギー 36kcal
カリウム(2000mg) 200mg
鉄(11mg) 0.3mg
ビタミンA(700mcg) 1500mcg
ビタミンE(6.5mg) 1.7mg
食物繊維(17g) 1.6g

※ビタミンAはβカロテン当量、ビタミンEはαトコフェロール量を記載。
※mcg=マイクログラム(1gの10万分の1)

あんずに含まれるビタミンA(βカロテン量)は干し柿より多い含有量です。

なんとβカロテン当量はりんごの100倍、キウイフルーツの66倍もあるんです!!

生のあんずは、果物の中でもトップクラスのβカロテン量なんですよ~!!

杏2

ではそのβカロテンをはじめ、あんずはどのような効能があるのでしょうか?
続けてご紹介します。

スポンサードリンク

あんずの効能は喉のトラブルや下痢を治す!

 

中医学の観点から見たあんずは、温熱性で酸味・甘味の性質をもつ果物です。

指さしチェック黄 あんずの効能
      
  • 冷え性の改善(身体を温めて、気血の巡りをよくする)
  • 疲労回復(甘味による滋養作用)
  • 高血圧の予防(カリウム)
  • 咳や慢性の下痢を止める(酸味による効果)
  • 目や皮膚を健康に保つ(ビタミンA)
  • 貧血予防(鉄)
  • 暑気あたりの改善(クエン酸やリンゴ酸)
  • 便秘の解消(食物繊維)

 

主に酸味や甘味の効能による疲労回復効果があるあんず。
ヨーグルトにジャムを入れて食べる。または干しあんずを定期的に食べることで効果が期待されます。

生食のあんずもありますが、手に入りやすいのは加工用やドライフルーツです。
ジャムであれば皮ごと食べれるので、毎日食べるならおすすめですよ^^

さて、ここまではあんずの効能をお伝えしてきました。
続けて最後に、あんずの種のことについてご紹介します!

 

あんずの種(杏仁)の効能は香り付けだけではない!

 

あんずの仁(種の中の白い部分)を乾燥させたものを杏仁と言います。
杏仁は「きょうにん」と呼び、「苦杏仁」「甜杏仁」の2種類があります。

どちらも同じ効能で、生薬として苦杏仁、杏仁豆腐には甜杏仁が使われます。

杏仁豆腐
脂っこい料理の後には爽やかな味の杏仁豆腐がよく合います。

指さしチェック黄 杏仁(きょうにん)の効能
      
  • 咳を止める
  • 喘息を解消する
  • 便通をよくする
  • 痰を切る

 

乾燥や気候の影響による咳や喘息、痰や余分な水分などが体内にたまる慢性気管支炎。
病後や虚弱体質の人、産後女性などの腸内の津液不足からくる便秘の改善に杏仁が役立ちます。

主な有効成分のひとつにアミグダリンがあります。

チェック黒アミグダリンとは
青酸配糖体の一種であんずやモモ、ウメ、ビワなどの未熟果実の仁に多く含まれます。
血糖値を下げたり、ガンに効く効果があるとされていますが・・・

その一方で、アメリカではアミグダリンを発売禁止としています。
理由は健康障害の事例が複数報告されているからです。

米国国立癌研究所ではアミグダリンはガン治療などには効果がないとしています。

日本でも同様に、科学的根拠がないことから注意を呼び掛けています。
アミグダリンの成分に注目した商品などは、慎重に取り扱う必要がありますね^^;

ペンギンのアイコン素材 2 普通に売っているあんずは大丈夫なの?
はい、果実が成熟するとともにアミグダリンは消失します。
ただし、杏仁は生で食べないでください!

アミグダリンの健康被害の事例から、生で食べることはおすすめできません。
他にも小さな子供や、下痢傾向のある人も杏仁の摂取は控えましょう。

 

あんずの栄養と効能、いかがでしたでしょうか。
杏仁は生で食べたらダメだよ~と言われて知っていたものの、毒素があるということを今回調べてみて初めて知ったブログ管理人です。

食材は食べ方次第で毒にも薬にもなる。

改めて気が引き締まったあんずのご紹介でした。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

杏シロップと&杏酢作ってみました!作り方をご紹介中です!
チェック黄杏シロップと杏酢の作り方!必要な材料はたったの3つだけ!

冷え性さんの強い味方、生姜のまとめ記事もあります!
チェック黄生姜&生姜パウダー(粉末)の栄養価・効能・摂取量のまとめ

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. ブロッコリー1房
    ブロッコリーは緑黄色野菜の中でも、栄養豊富な優れモノ! なぜ栄養豊富かと言うと、それは野菜に含まれ…
  2. 花粉症まとめ
    2016年の私と夫の花粉症対策は鼻うがいと腸内環境改善です。今年から花粉症の時期だけ対策をする、そん…
  3. 雑穀米
    あなたのお気に入りの雑穀はありますか?最近ではスーパーなどでも雑穀が手に入るのでとても手軽に試せます…
  4. くるみ2
    くるみって黒糖やキャラメルでコーティングされてると、美味しくて食べ過ぎちゃう!でもこれってカロリー大…
  5. 紅葉
    やっと涼しくなって過ごしやすくなった~!!秋バンザイ!夏の暑い時期を乗り越えてやってくるのは、なんと…
ページ上部へ戻る