緑豆ぜんざいで暑さスッキリ!冷やして美味しい夏のおやつ!

[最終更新日]2016/06/06

冷やしぜんざいにお餅入れようと焼いてみたら、変な形に焼けました。

前回は緑豆の栄養をご紹介したので、今回はさっそくおやつにしてみました!

緑豆の栄養はこちらでご紹介してます。
チェック黄緑豆の栄養と効能!夏の暑気あたりを改善する優秀な豆だった!

冷やしぜんざいを作ってみたら、和風でナイスな味でしたよ!
ほんと、美味しかったです。

豆類って、なんで大人になったらあんなに美味しく感じるんでしょうね^^;

ということで、さっそく緑豆の冷やしぜんざいの作り方をご紹介します!
今年の夏に、ちょっと大人のおやつはいかがですか?

スポンサーリンク

 

緑豆のもどし方と茹で方

 

作り方の前に、簡単に緑豆のもどし方と茹で方を復習しましょう。

豆 緑豆のもどし方
乾燥緑豆1カップ分を、水1.5カップ(300cc)で2~3時間おきます。
水量は厳密ではないので、面倒であれば目分量で入れても問題ないです。

緑豆
水でもどした緑豆です。ややふっくらしましたね。

豆 緑豆の茹で方
1:2~3時間おいた緑豆をつけ汁ごと鍋に入れ。、中火で茹でます。
2:アクを取りながら20分ほど茹でれば完成です。

※茹でるときに砂糖や塩を入れて味付けしてもいいです。
(ぜんざいにするときは少し甘味があったほうが美味しいです)

私はスープにも使うため、砂糖と塩は入れずに茹でました。

緑豆茹でる
途中アクが出るので、しっかり取っておきましょう。
豆が簡単につぶれるくらいの硬さになれば、完成です!

ではさっそく冷やしぜんざいを作りましょう!

 

緑豆冷やしぜんざいが美味しい!これは夏にぜひ食べたい!

 

緑豆と小豆缶とお餅(もしくは白玉)があれば簡単にできます。

豆 緑豆の冷やしぜんざいの作り方
材料(1人分
・茹でた緑豆30g
・小豆缶の小豆20g
・お餅1個(小さいお餅なら2個でも)
・砂糖(三温糖や上白糖)大さじ1
・水大さじ1
※緑豆や小豆は好きな量で調節してください。

工程
・ぜんざいのシロップを作って冷やしておく。
(市販のシロップがあればそれでもOK!)
・お餅を焼く(白玉ならシロップの後に作りましょう)
・器に緑豆と小豆とお餅を入れて、上からシロップをかけて完成!

所要時間は約15分、もかからないかもしれません。

先にぜんざいに入れるシロップを作ります。使ったのは三温糖です。
三温糖シロップ
砂糖大さじ1と水大さじ1を耐熱皿に入れて、600Wで20秒温めます。
ラップはしなくて大丈夫です。よく混ぜて冷蔵庫で冷やしておきましょう。

次にお餅を一口大に先に切ってから、トースターで焼きます。
お餅を入れるとボリュームがありますが、食べ過ぎは注意です。

お餅が焼けて、シロップが冷えたら緑豆と小豆をお皿に盛ります。

緑豆ぜんざい1
シロップを上からかけて、完成です!(餅の形が気になります^^;)

 

緑豆と小豆は食べる直前まで冷やしておきましょう。
もし冷たいのが苦手であれば、緑豆と小豆は少し常温に戻してからシロップをかけると、丁度いい冷たさになりますよ^^

今回使ったのは井村屋の小豆缶ですが、自分で小豆を茹でてもいいと思います。
甘さ控えめにすると、割とあっさりしたぜんざいになるので、甘いのが苦手な人でも美味しく食べれます。

では続けて、究極に簡単な緑豆のおやつをご紹介します!

スポンサーリンク

まったく手間なし!バニラアイスの緑豆添え

 

これは究極に簡単です。

アイス緑豆のせ

好きなバニラアイスに緑豆を添えるだけです。

ポイントは、ちょっと濃いめのバニラアイスにすること。
写真の緑豆は甘みをつけてないので、アイスの甘みが頼りです。

昔ながらのバニララクトアイスでも美味しいと思います。私はバニラ一択ですが、チョコアイスも合うかもしれませんね。

冷やしぜんざいがちょっと面倒、というときにお試しください^^

 

実は、緑豆のココナッツミルク割りも作ってみたのですが・・・
ちょっと出来がいまいちだったので、作り直してこの記事に追記します。

緑豆冷やしぜんざいは夏にもってこいの和風おやつなので、ぜひお試しください。

緑豆はスーパーではあまり見かけないので、通販のリンクを貼っておきます。

使いやすい200gがありますので、よかったらどうぞ^^

ここまでご覧いただき、ありがとうございました~!!

フルーツ甘酒、塩麹鶏ハムなど、ブログ管理人がいろいろ作ってみました!
チェック黄自分で色々作ってみた&商品を試してみた正直な感想のまとめ

スポンサーリンク

おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 大豆の花

    2017-8-15

    大豆の栄養と効能!大豆イソフラボン含有量はどれくらい?

  2. 烏梅

    2017-8-7

    烏梅(うばい)とは何か?効能と烏梅汁(烏梅湯)の作り方とは?

  3. 切り干し大根

    2017-8-1

    切り干し大根の栄養と気になる糖質!乾物でも食べ過ぎには要注意?

  4. くるみ4

    2017-7-24

    くるみの栄養と効能!知らないと損してるクルミのパワーとは?

  5. 2017-7-19

    トマトとミニトマトはどっちが栄養豊富?リコピン含有量は?

  6. 2017-7-13

    空芯菜(ようさい)の栄養と効能!葉は生でも食べられるって本当?

  7. 立派な大葉

    2017-7-1

    大葉(シソ・紫蘇)の栄養と効能!効果的なその使い方とは?

  8. 青紫蘇5

    2017-6-16

    大葉の食べ過ぎはどうなるの?気をつけたい1日の摂取量は?

  9. 赤紫蘇と青紫蘇

    2017-6-8

    赤紫蘇と青紫蘇の違いは?食べるならどっちが体に良いの?

  10. 木漏れ日

    2017-4-15

    【薬膳の基礎知識その6】整体観(人と自然の関係と六気・六淫)

ピックアップ記事

  1. 木漏れ日
    こんにちは、薬膳アドバイザーのみたらしです。薬膳の基礎知識もはや6回を迎えることができました! […
  2. 食べ過ぎ(飲み過ぎ)て気持ち悪い~・・・飲食物の過剰摂取による影響は個人差がありますが、できるなら避…
  3. 起きているときは鼻呼吸なのに、寝ているときは口呼吸になってる・・・ 朝起きたら口はカラカラ。何だか口…
  4. 前回初めて自家製切り干し大根を作ったのは2015年の12月。年が明けて気温がグッと下がった1月に切り…
  5. 白ネギと青ネギの違いをご存知ですか?実はネギは大きく分けて2つに分類されます。それは「長ネギ(根深ね…
ページ上部へ戻る