【秋の薬膳】乾燥を防ぐことが大切!あることに気をつけて!

[最終更新日]2016/07/15

やっと涼しくなって過ごしやすくなった~!!秋バンザイ!

夏の暑い時期を乗り越えてやってくるのは、なんとも風が心地よい秋です。

ベタベタする汗もかかず、食べ物も美味しい!もーほんと好きです、秋(*´ω`*)

さてそんな大好き秋ですが、あなたの身体の疲れはとれてますか?夏から涼しくなって過ごしやすくなった分、あることに気をつけたいのが秋という季節なのです!

あることとはなんなのか?
季節の薬膳シリーズ、今回は季節の【秋】について

  • 中医学の観点からみた秋とは
  • 秋に起こりやすい身体の症状
  • 秋におすすめの食べ物など

以上3つのことをご紹介します。
秋のことを詳しく知って、もっと楽しく秋をすごしましょう!!

スポンサーリンク

 

中医学の観点からみた秋とは?

 

中医学における秋は、雨が少なく乾燥しやすい季節とされています。
涼しくなって過ごしやすいものの、空気が乾燥して身体内の津液不足になり、身体の潤いが不足する時期なのです。

*津液(しんえき)・狭義では血以外の身体の水分の総称。広義では尿や汗も含む身体の一切の水分の総称。

夏に比べると過ごしやすく快適な季節ですが、『燥邪』という邪気に冒されやすい季節でもあります。

陰陽 秋は燥邪にご注意!
燥邪(そうじゃ)とは六淫のひとつで、自然界に存在する六気(風・寒・暑・湿・燥・火(熱))に発病因子である邪気が加わったもの。

病院の診断書のアイコン素材 1燥邪(そうじゃ)による影響
喉の渇き、皮膚の乾燥、空咳、便秘などがあります。

 

空気が乾燥するという点では、秋のみならず冬でも気をつけたい邪気です。

指さしチェック黄秋のうちに身体の調子を整えて!
陰の気が一番増加する冬までに、身体の調子をできるだけ早く整えましょう。

というのも、夏では最も体力を使い、冬では一年の疲れが出やすくカゼを引きやすいからです。そのため暑さが和らいで過ごしやすい秋こそ、身体の調子を整えるには絶好のチャンスと言えます。

読書

食欲や読書、スポーツの秋と言われるのも、何かをするには最も適した季節ということですね^^

中医学でいう【秋】とは空気が乾燥して身体の潤いが不足する季節です。

では秋は、具体的に私たちの身体にどのような影響を与えるのでしょうか?続けて、秋に起こりやすい身体の症状をご紹介します^^

スポンサーリンク

秋に起こりやすい身体の症状

 

秋に起こりやすいのは、ズバリ乾燥によるトラブルです!

具体的には以下の症状が考えられます。

病院の診断書のアイコン素材 1 具体的な症状はこれ!

  • 肺や気管支のトラブル
  • 口や鼻、目の乾燥
  • 肌や髪の乾燥
  • 口の乾き
  • 咳や空咳
  • 鼻づまり
  • 息切れ
  • 乾燥による便秘
  • 尿量が少ない、また尿が濃くなる

 

やはり乾燥が原因のトラブルが多いですね^^;
私も秋になると、いつもより肌がカサカサしてくるのが気になります。

潤いが減ってカサカサするお肌。目に見えるとテンションも下がっちゃいますよね(;´・ω・)

実は潤いが減るということは、燥邪の影響以外にも五臓の【肺】の機能や水分代謝の機能が低下している可能性があります。

チェック赤肺のおもな働きは3つある!

  • 全身の気の管理
  • 呼吸の管理
  • 栄養物質や津液を全身に行き渡らせる働き(宣発と粛降)

※宣発(せんぱつ):上部や体表へ行き渡らせる作用
※粛降(しゅくこう):下や内部に降ろす作用

この宣発と粛降が上手に作用していることで、肌は潤いを保つことができます。

100301

チェック赤 肺の経絡(大腸・皮毛・鼻・うぶ毛・感情の憂(悲))にトラブルが起こりやすい
経絡とは気血を運ぶ通り道のことを言います。

全身の気の管理と、栄養物質を行き渡らせる重要な役割をもつ肺。秋はこの肺に影響を与えやすい季節なのです。*気・身体を温め動かす原動力。目には見えないが経絡を通って全身に行き渡る。

では乾燥が症状を引き起こす前に、予防するためには何を食べればいいのか?最後に、秋におすすめの食べ物をご紹介します!

 

秋におすすめの食べ物

 

秋は肺を潤すものを食べ、乾燥の邪気から身体を守りましょう。

お味噌汁・スープのアイコン素材 1肺を潤すもの(平性で偏りが少ないもの)
大根・山芋・白キクラゲ・黒キクラゲ・百合根
白魚・ドジョウ・豚肉・うずらの卵
ナシ・イチジク・ハチミツ・銀杏・落花生など
お味噌汁・スープのアイコン素材 1津液をつくる食材(甘酸っぱいものは津液を作る)
ザクロ・アンズ・ブドウ・ミカン・レモンなど
お味噌汁・スープのアイコン素材 1身体の熱を少し冷ます甘味を含むもの
柿・ナシ・ビワの実・柚子・菊花・ピータン・大根など
お味噌汁・スープのアイコン素材 1身体に潤いを与えるもの
牛乳・豆乳・豆腐・湯葉・黒豆・黒ゴマ・白キクラゲ
レンコン・牡蠣・鴨肉・豚肉など

 

指さしチェック緑養生のポイントは3つ!

チェック緑辛味のあるもの&平性または偏りがない食べ物がグッド!
葱や生姜など辛味のあるもので、夏から続くカゼや暑湿の邪気を取り除きましょう。また温熱・寒涼性(身体を温めたり冷やしたりするもの)の偏りが少ないもの、つまり平性のものを食べるようにしましょう!

チェック緑酸っぱいもの&甘いものも良い!
この2つは身体に潤いを与えるので、機会があれば食べるようにしましょう。

チェック緑激辛料理・多量の酒・コーヒー・焼いたり煎ったりはNG!
これらは乾燥を促進してしまうため、できるだけ避けましょう。

 

ここまでが【秋の薬膳】になります!お疲れ様でした!

自分の生まれた季節でもありますが、シャツで過ごしやすく食べ物が美味しい秋が大好きな管理人です。ずーっと秋だけ続けばいいのにな~というぐらいに秋が好きです(*´ω`*)

それはさておき、乾燥が進んで段々と寒くなる季節でもあるので、食べる物で調節して夏の暑さに耐えた自分の身体を労わってあげてくださいね。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

他の季節の薬膳シリーズはこちらです~
チェック黄【春の薬膳】春におすすめの食べ物と飲み物で養生しよう!

チェック黄【梅雨の薬膳】梅雨におすすめの食べ物はむくみをとるもの!

チェック黄【夏の薬膳】体の熱を冷ます食べ物で夏バテを予防しよう!

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 大豆の花

    2017-8-15

    大豆の栄養と効能!大豆イソフラボン含有量はどれくらい?

  2. 烏梅

    2017-8-7

    烏梅(うばい)とは何か?効能と烏梅汁(烏梅湯)の作り方とは?

  3. 切り干し大根

    2017-8-1

    切り干し大根の栄養と気になる糖質!乾物でも食べ過ぎには要注意?

  4. くるみ4

    2017-7-24

    くるみの栄養と効能!知らないと損してるクルミのパワーとは?

  5. 2017-7-19

    トマトとミニトマトはどっちが栄養豊富?リコピン含有量は?

  6. 2017-7-13

    空芯菜(ようさい)の栄養と効能!葉は生でも食べられるって本当?

  7. 立派な大葉

    2017-7-1

    大葉(シソ・紫蘇)の栄養と効能!効果的なその使い方とは?

  8. 青紫蘇5

    2017-6-16

    大葉の食べ過ぎはどうなるの?気をつけたい1日の摂取量は?

  9. 赤紫蘇と青紫蘇

    2017-6-8

    赤紫蘇と青紫蘇の違いは?食べるならどっちが体に良いの?

  10. 木漏れ日

    2017-4-15

    【薬膳の基礎知識その6】整体観(人と自然の関係と六気・六淫)

ピックアップ記事

  1. 豆乳って1日にどれぐらい飲めばいいんだろう? 豆乳飲料の200mlの小さいパックなら、いろいろな味…
  2. 納豆を食べ過ぎて、納豆アレルギーを発症しました。 ウソのような本当の話ですが、私の姉が納豆を食べ過…
  3. 五臓六腑
    [speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="mita.…
  4. 生姜は体を温めてくれるものだけど、1日どれぐらい食べたらいいの?そんな風に思ったことはないですか? …
  5. ノロウイルスはインフルエンザの1000倍もの感染力を持つ驚くべきウイルスです!ノロウイルスは子供や高…
ページ上部へ戻る