乾物ヨーグルトってなに!?超おすすめな3つの理由とは?

[最終更新日]2016/08/05

この記事を読むのに必要な時間は【約 4 分】です。どうぞお楽しみください!

乾物ヨーグルトとは、乾物をヨーグルトで戻すこと!

「うーん、美味しくなさそう」と、あなたは思いませんでしたか?私も最初は思いました(;・∀・)

しかし思い切って作ってみると、これがすんごいイケる!!
普段は積極的に乾物を食べない夫も、作った切り干し大根ヨーグルトサラダをパクパク食べてました。

ということで、今回の主役は『乾物+ヨーグルト』

なぜ乾物とヨーグルトの組み合わせがいいのか?
薬膳アドバイザーの私が一押する、超おすすめな3つの理由をご紹介します!

さあ、あなたも未知の組み合わせにチャレンジしてみましょう!

スポンサードリンク

 

乾物+ヨーグルトが超おすすめな3つの理由

 

なぜ乾物とヨーグルトの組み合わせがおすすめなのか?3つの理由をご紹介します!

指さしチェック黄超おすすめな3つの理由

  1. 乾物とヨーグルトの栄養をまるごと取れる!
  2. お互いに足りない栄養を補える!
  3. 2つのパワーで腸内フローラが整う!

どういうことか、ひとつずつ説明しますね(*^▽^*)

1:乾物とヨーグルトの栄養をまるごと取れる!

 

干し椎茸

乾物を戻すとき、ほとんどが水を使いますよね。
実は水で戻すことによって、水溶性のビタミン(ビタミンB群)などが溶けだし、乾物の風味も損なわれてしまいます。

確かにスープや煮物に使う以外は乾物を戻したあとの水は捨ててしまうので、もったいないな~と思ってました(´・ω・`)

そこで、水ではなくヨーグルトで戻すことによって

  • 乾物の水分吸収にヨーグルトのホエーを使うので、乾物の栄養を損なわない!
  • ヨーグルトで戻すと、そのまま使えるので捨てるとこなしの一石二鳥!
  • 乾物の独特の匂いがマイルドになる!

と、まさに良いこと尽くしなのです!

2:お互いに足りない栄養を補える!

 

ヨーグルトにはたんぱく質や脂質、カルシウムなどのミネラルは含まれますが、ビタミン類はやや少なめ。そこでビタミンが豊富な野菜の乾物をヨーグルトで戻すことで、偏っている栄養を補い合うことができます。

  • たんぱく質や脂質・カルシウムが豊富なヨーグルト
  • ビタミン類が豊富な野菜の乾物
  • 抗酸化物質・食物繊維が豊富なドライフルーツ
  • ビタミンDが豊富な乾物しいたけ

ドライフルーツ

戻す乾物によって組み合わせはかなりあります。
例えば「貧血で鉄分足りてないかも」というときには、煎り大豆や高野豆腐などを戻して食べてみてください^^

3:2つのパワーで腸内フローラが整う!

 

乾物とヨーグルトと言えば

食物繊維と乳酸菌

この2つは腸内フローラを整えるために、とても大切なんです。

なぜなら、腸は体内で約6割もの免疫細胞が集中する器官だから!

免疫細胞が集中するということは、『腸内環境が悪化する=免疫力が低下する』ということが言えるので、腸内フローラは意識して整えたいですよね。

そこで、乾物ヨーグルトの出番です!
乳酸菌と食物繊維が善玉菌を増やす働きをするので、『乾物ヨーグルト』は、とても理にかなった調理法と言えます(´ω`*)

以上が乾物ヨーグルトを超おすすめする3つの理由です!

続けて、薬膳アドバイザーの視点から見た乾物ヨーグルトについてお伝えします!

スポンサードリンク

薬膳アドバイザーの私から見た『乾物ヨーグルト』

 

薬膳のことを一通り勉強し、資格を習得した私から見ると、『乾物をヨーグルトで戻す』というのはとても斬新で、超おすすめな調理法です!!

というのも、薬膳は

水を使って「煮る」「蒸す」などして、汁ごと食べる方法

これがいちばん適している調理法としているからです。
でもやっぱり、水で戻すと栄養素が溶けだしてしまうんですよね(;´・ω・)

汁ごとと言っても、冬ならまだしも暑い季節は食が進みませんし。

その点、乾物をヨーグルトで戻すことのメリットは

  • 季節を問わず食べれる
  • 素材の栄養を損なわない
  • 素材の組み合わせで、足りない栄養を補える
  • 腸内フローラを整えることができる
  • 乾物を気軽に食べれる

など、たくさんのメリットがあります。
乾物は戻すことの手間からあまり扱われないものですが、実は栄養がギュッと詰まった食材です。

ヨーグルトで調理すれば小さなお子様でも食べれますし、あまり乾物を食べなかった我が家の夫のように、工夫次第で食べてもらえることもできます。

切り干し大根ヨーグルト

「最近、乾物食べてないな」というあなたは、ぜひ乾物をヨーグルトで戻してみてください。

きっと美味しく食べれますよ(´ω`*)

では最後に、今回のまとめを簡単にお伝えします。

今回のまとめ

 

『乾物+ヨーグルト』がなぜおすすめなのか?

チェック黄超おすすめな3つの理由

  1. 乾物とヨーグルトの栄養をまるごと取れる!
  2. お互いに足りない栄養を補える!
  3. 腸内フローラが整う!

チェック黄薬膳アドバイザーの視点から見た『乾物ヨーグルト』

乾物をヨーグルトで戻すことのメリットは

  • 季節を問わず食べれる
  • 素材の栄養を損なわない
  • 素材の組み合わせで、足りない栄養を補える
  • 腸内フローラを整えることができる
  • 乾物を気軽に食べれる←これ大事!

おすすめ3つの理由とちょっとかぶってますが、それでも本当に乾物ヨーグルトは超おすすめです(*^▽^*)

まずは自分の好きな乾物で、少量から試してみることをおすすめします!

私もさっそく高野豆腐とドライトマトなどを戻してみたので、次回は乾物ヨーグルトの作ってみた記事をご紹介させていただきますね!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

乾物の切り干し大根を作りました!乾物ヨーグルトで使いますよ!
チェック黄自家製切り干し大根!簡単3ステップで切り干し大根を作ろう

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 2017-1-17

    【薬膳の基礎知識その1】薬膳とは何か?どんな役に立つのか?

    ※注:読む時間に11分とありますが、そこまでかかりません(実質4分ぐらいです) [speech_b…
  2. 2017-1-6

    納豆の食べ過ぎはNG?一日3パックの摂取は思わぬ落とし穴が!

    あなたは一日に納豆をどれぐらい食べますか? 一日に2パック? 健康を考えて毎食、一日に3パック…
  3. 2016-12-21

    納豆アレルギーの症状と原因!自覚がない場合もあるってホント?

    納豆を食べ過ぎて、納豆アレルギーを発症しました。 ウソのような本当の話ですが、私の姉が納豆を食べ過…
  4. 2016-12-12

    かりんのはちみつ漬けの作り方!花梨の選び方とカビの原因とは?

    冬に起こりやすい喉の乾燥や風邪予防には、はちみつ漬けが一番!! 冬になると夫がよく喉を痛めるので、…
  5. 2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  6. 2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  7. 2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  8. 2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  9. 2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  10. 2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…

ピックアップ記事

  1. 生姜は体を温めてくれるものだけど、1日どれぐらい食べたらいいの?そんな風に思ったことはないですか? …
  2. あんずを八百屋で発見したときは、即買いしないと次の日にはなくなってます。我が家では毎年あんずジャムを…
  3. どうやら手作り味噌の天地返しは、する派としない派にわかれるようです。 今年(2016年)の2月に初…
  4. 取り寄せた手作り塩麹キットが完成しましたよ!熟成期間は10日間です。 仕込んでから一日一回混ぜるだけ…
  5. スーパーに並ぶ玄米と雑穀米、いつもどちらにしようか悩みますよね。種類がたくさん入ってる=栄養がある気…
ページ上部へ戻る