ホットヨーグルトで冷え性改善!夜に食べると効果がある?

[最終更新日]2015/12/09

毎日食べるヨーグルト。
夫が張り切ってヨーグルトメーカーを買ってから、
我が家では自家製ヨーグルトを色々アレンジして食べてます。

しかし、冬になると冷えているヨーグルトに手が伸びなくなります。
健康のためにヨーグルトを食べ続けたい、でも冷たくて食べにくい!

今回は、私と同じ悩みを抱える皆様にホットヨーグルト』をご紹介します。
その名の通り、ヨーグルトをホットにして食べます。

温かいヨーグルトに「美味しくなさそう・・・」と感想をお持ちのあなた。
実はヨーグルトは温めたほうが冷え性改善の効果があり、健康にもよいのです!

ヨーグルトをホットにして効果を倍増させちゃいましょう^^

 

スポンサーリンク

ヨーグルトを温めて食べるだけで、なぜ冷え性が改善しちゃうの?

 

腸内の冷えが原因で冷え性になっている方は、ホットヨーグルトがおすすめです。

腸内の環境悪化が冷え性の原因!?
冷え性になる主な原因は、腸内が冷えて機能が低下していることが多いと言われます。
体の免疫システムの約7割を占めると言われる腸内の働きや環境が悪化すると、
肌荒れの原因や、体の冷えのもととなってしまうのです。

腸内環境悪化による冷え性のメカニズムはこちら↓
①腸内の働きが悪化することにとよって便秘が起こる。
②便秘が起こると代謝も落ち、血行が悪くなる。
③血行が悪くなることで、体の冷えが起こる。
→体が冷え性体質に。

腸内環境が悪化することによって体の冷えが起こっていたのです。

小さいころ母親に「お腹は冷やしちゃダメ!!」と言われていたのは、
お腹の冷えが原因で、様々な不調の発生を予想していたのでしょうか^^;

     上からヨーグルト (1)
ヨーグルトを温めることで、ビフィズス菌や乳酸菌を腸内まで届けてくれる!

ビフィズス菌や乳酸菌は38℃から40℃になると菌が活発に働くようになります。
なのでヨーグルトは温めるほうが、冷たいものより効果が見込めるのです。
ただし50℃以上になると徐々に菌が死滅するため、温め過ぎには注意が必要です。

ホットヨーグルトの効能はこちら
・腸内環境の改善

・免疫力アップ
・コレステロール値の低下
・花粉症などのアレルギーの抑制
・美肌効果

など、嬉しい効果がたくさんあります^^

善玉菌で代表的なビフィズス菌』は強い殺菌力で悪玉菌の増殖を抑え、
腸のぜん動運動を活発化させることによって便秘なども予防します。

ちなみにビフィズス菌乳酸菌は同じもののように思われますが、全く別物です。
整腸作用や免疫効果を高める作用などは同様で、
広い意味では「ビフィズス菌は乳酸菌の1種」と言われています。

                104376

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?

ビフィズス菌
ビフィズス菌は乳酸と強い殺菌力の酢酸(さくさん)を作り出します。
他にもビタミンB群、葉酸を作り出すという点が乳酸菌との大きな違いです。

そして驚くことに、私たちの腸内に棲む善玉菌の99.9%がビフィズス菌なのです。
対して乳酸菌は0.1%以下です。

圧倒的な生息数を誇るビフィズス菌ですが、弱点があります。
それは酸素があると生育できないということです。
人や動物などの腸内でしか生息できません。

乳酸菌
乳酸菌は身体に良い働きをする菌の総称
で、糖を分解して乳酸を作り出します。
乳酸菌は酸素があっても生息できるため、酸素があると生育できないビフィズス菌を、
サポートする役割をもち、自然界で幅広く生息しています。

ビフィズス菌が腸内に棲む善玉菌の99.9%言うのは驚きですね。
そんなビフィズス菌を支える乳酸菌、どちらも私たちの身体には必要な菌なのです。

では続けて、いつホットヨーグルトを食べる方が効果があるのか?ご紹介します!

 

スポンサーリンク

腸内環境を整えるならホットヨーグルトは夜食べて!

 

便秘や冷え性改善を目指すなら、ホットヨーグルトは夜がおすすめです。
さらに夕食後がおすすめです^^

なぜ夕食後なのでしょう?
熱に弱いビフィズス菌や乳酸菌は、実は胃酸にも弱いからです。

食前や空腹時というのは胃酸が大量に分泌されるので、そこで働きが活発になった
ホットヨーグルトを食べてしまうと、菌が死滅してしまいます。

     ヨーグルトクラッカー
せっかく温めて効果が増している状態を手放してしまうことになるので、
ホットヨーグルトを食べるのなら、夕食後にしましょう^^

ちなみに我が家もさっそくホットヨーグルトを試してみたので、
後日簡単食レポを投稿したいと思います。

できました!ホットヨーグルトの食レポはこちら↓

arrow039_02 レンジで簡単お手軽なホットヨーグルトを食べた正直な感想

ホットヨーグルト、いかがでしたでしょうか。
腸内環境を整え、さらには冷え性を改善する効果まであるとは意外でしたね。
いつも食べているヨーグルトを更に楽しむ機会だと思います。
ぜひヨーグルトをホットにしてみてください^^

体の不調を改善させる記事のまとめはこちら↓

arrow039_02 体の不調を改善しよう!不調を改善する飲み物や食材のまとめ

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 木漏れ日

    2017-4-15

    【薬膳の基礎知識その6】整体観(人と自然の関係と六気・六淫)

  2. 五臓六腑

    2017-4-2

    【薬膳の基礎知識その5】五臓六腑『臓と腑』の違いと関係とは?

  3. 五行

    2017-3-23

    【薬膳の基礎知識その4】五行の性質(自然界・人の五行モデル)

  4. 2017-3-12

    麦味噌の作り方!麦麹・大豆・天日湖塩で手作り味噌に挑戦!

  5. 2017-2-18

    【薬膳の基礎知識その3】陰陽はこの世の全てに関係するもの!?

  6. 2017-2-2

    【薬膳の基礎知識その2】薬膳の歴史と西洋栄養学との違い

  7. 2017-1-17

    【薬膳の基礎知識その1】薬膳とは何か?どんな役に立つのか?

  8. 2017-1-6

    納豆の食べ過ぎはNG?一日3パックの摂取は思わぬ落とし穴が!

  9. 2016-12-21

    納豆アレルギーの症状と原因!自覚がない場合もあるってホント?

  10. かりんはちみつ漬け

    2016-12-12

    かりんのはちみつ漬けの作り方!花梨の選び方とカビの原因とは?

ピックアップ記事

  1. 生姜は好きですか?私はあのピリっとした味が何とも言えず、好きです^^ 特に寒い日に生姜が入ったスープ…
  2. あなたのお気に入りの雑穀はありますか?最近ではスーパーなどでも雑穀が手に入るのでとても手軽に試せます…
  3. ブロッコリーは緑黄色野菜の中でも、栄養豊富な優れモノ! なぜ栄養豊富かと言うと、それは野菜に含まれ…
  4. パリパリポリポリ・・・数時間後、何だかお腹が痛い・・・! もしかしたらそれは、らっきょうの食べ過ぎ…
  5. 五行
    [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="kopen…
ページ上部へ戻る