かぶの葉は食べないと損!蕪の栄養と葉っぱの活用方法は?

かぶザル

この記事を読むのに必要な時間は【約 4 分】です。どうぞお楽しみください!

白くまるっとした形の小かぶ。
青々とした立派な葉付きのかぶを八百屋で見ると、つい買ってしまいます。

ところでみなさん、かぶの葉は捨ててしまってはないですか?
実は、かぶの葉っぱは根よりも栄養が豊富なんですよ!

あの青々とした葉っぱには、βカロテンなどが豊富に含まれているのです!

今回はスープに漬物に大活躍のかぶと、炒め物に最適なかぶの葉の栄養と効能についてご紹介します^^

スポンサードリンク

かぶの葉には栄養がたくさん!捨てずに使ってかぶを食べつくそう!

 

さっそくかぶの『葉の栄養』からご紹介します!
主な栄養成分はこちら↓
※五訂日本食品標準成分表より参照。可食部100g当たりの成分

  葉(生) 根(生)
βカロテン 2800mcg 0mcg
食物繊維 2.9g 1.5g
2.1mg 0.3mg
葉酸 110mcg 48mcg
パントテン酸 0.36mcg 0.25mcg
カルシウム 250mg 24mg
ビタミンA 230mcg 0mcg

他にもカリウム、ビタミンC・E、ビタミンB²が含まれてます。

白い根の部分と比較すると、かぶの葉は緑黄色野菜と言われるだけあり、含まれている栄養素は数値が高いですね。中でも注目したいのがβカロテンです。

かぶの葉

チェック緑βカロテンとは
強い抗酸化力をもち、がんや生活習慣病を予防してくれます。
小松菜と比べても、かぶの葉には同量のβカロテンが含有されています。

葉には2800mcg(マイクログラム)のβカロテンが含まれていますが、
葉を茹でることにより、βカロテンが3200mcgに増加するのです!

βカロテンは油との相性もいいので、食べやすいように炒めたものでもいいですが、
葉を茹でて食べるのも、βカロテンをより摂取できておすすめです^^

チェック緑骨粗しょう症を予防してくれるカルシウム!
根の部分より葉に多く含まれるカルシウムは、
人間の丈夫な骨や歯を作る大事なミネラルのうちの1つです。

チェック緑かぶの葉の『葉酸』は造血のビタミンです!
葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、他のビタミンと一緒に赤血球の形成を助ける栄養素のため『造血のビタミン』と呼ばれます。

胎児の発育に葉酸は必要不可欠な成分のため、妊娠初期の女性は積極的な摂取が伝えられています。

他にもかぶの葉の効能として、貧血や便秘の解消が期待できます。

かぶひとつ

vegitable01-008mかぶの葉の選び方
・葉がみずみずしいものを選びましょう

vegitable01-008mかぶの保存方法
・根が水分を吸い取るため、根と葉はすぐ切り離しましょう。
・水で湿らせた新聞紙に葉を包んでポリ袋に入れるか、冷蔵庫で保存しましょう。

vegitable01-008mかぶの葉を活用する調理方法はこれ!
・よりβカロテンを摂取したいなら、葉は茹でて食べましょう。
・スープにして汁ごと食べると、栄養を逃さず食べられます。
・βカロテンは油とも相性がいいので、炒めても美味しいです。

上の表の数値から分かる通り、かぶは葉のほうが栄養価が高いです。

ではかぶの根には栄養がないのか?そうではありません!
かぶの根にもきちんと人の身体に優しい栄養素が詰まってます!

続けてかぶの根についてご紹介します^^

スポンサードリンク

かぶの根には大根と同じ消化酵素のジアスターゼがある!

 

かぶの根は94%が水分で、大根と同じ消化酵素のジアスターゼ(別名アミラーゼ)が含まれています。

チェック黒ジアスターゼとは
でんぷんを分解する消化酵素のことで、胃腸の消化不良を解消したり、胃もたれや胸焼けを防止する働きをします。

ジアスターゼを効果的に摂取できるのは大根のようにおろすことです。
が、かぶをおろして食べることは少ないですよね。

そこで、かぶの根は生のままスライスしてサラダや漬物にしましょう。
ジアスターゼの効果を得ることができますよ^^

ゆず漬物
かぶのゆず漬けも美味しいです!

ジアスターゼは熱に弱いため、加熱すると栄養が逃げてしまいます。

生食ではなく温かいものが食べたいときは、かぶを擦り下ろしましょう。
白身魚やエビを包んで蒸す「かぶら蒸し」などがおすすめです。(ジアスターゼの効果は少し減ります)

指さしチェック黄こんな症状の時にかぶを食べるのがおすすめですよ♪
・胸や腹部の冷えからくる痛みやむくみ
・胃腸の消化不良時
・のぼせ、熱をもった腫物や吹き出物があるとき

胃腸の消化にとっても役立つかぶの根。
何だか胃やお腹の具合がいまいちだな・・・そんな時にお試しください!

 

いかがでしたでしょうか。
かぶは根だけではなく葉にも豊富な栄養がある冬の食材です。
ぜひ旬なうちに、かぶを丸ごと召し上がってくださいね^^

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

冬の食材はこちらです!
チェック黄大根は加熱すると栄養が逃げる?大根の栄養と効能を調査!

美味しい野菜の栄養と効能・効果のまとめはこちらへどうぞ!
チェック黄健康に良い野菜を食べよう!美味しい野菜の栄養と効能・効果

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. 銀杏
    炒った銀杏が美味しいからって、食べ過ぎたら危険ですよ!! 「お酒のつまみに炒った銀杏最高!」 …
  2. ジェノベーゼ材料
    家のベランダでバジルがわんさか育ちました!家庭菜園好きの夫が植えたバジルがスゴイ勢いで育つので、今年…
  3. 甘酒3品
    甘酒が苦手でしたが、飲めるようになりました!ずーっと苦手意識が消えなかった甘酒。私だけではなく夫も甘…
  4. 大豆 (1)
    あなたは無調整豆乳が飲めますか? 体に良いと分かっていても、私はどうしても味が苦手で飲めません・・・…
  5. IMG_20160324_225537
    黒糖とメープルの生姜シロップ、お酒の生姜エキスを作りましたよ!八百屋さんで高知産の生姜がでーんと並ん…
ページ上部へ戻る