ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

ドライパイナップル

この記事を読むのに必要な時間は【約 5 分】です。どうぞお楽しみください!

ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。

フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美味しいですよね!しかも作るのが簡単なので、そこまで手間はかかりません。

季節のフルーツを切って干すだけ

めっちゃ簡単なので、天気が良い日を狙って作ってみてください。

今回は、小さいお子さんから自然派おやつをお求めのあなたにおすすめできる、ドライパイナップルを作ります!!

それではいきましょう、レッツクッキング~(´▽`)

スポンサードリンク

 

ドライパイナップルの作り方(天日干し)

今回は、天日干しでドライパイナップルを作ります。

なぜオーブンで作らなかったかと言うと、単純に口にポイっと入れて食べれるドライパイナップルが食べたかったから!!

水分と栄養を逃したくないと言うのも理由のひとつですが、

なにも入ってないドライフルーツが作りたかったのです。

日持ちを良くするために砂糖を使うと、その分カロリーも高くなりますからね(´ω`;)

ではさっそく、天日干しにするときの3つのコツも合わせて、ドライパイナップルの作り方をご紹介します!

天日干しするときの3つのコツ

まず先に、ドライパイナップルを作るときの3つのコツをお伝えします。

  1. 完熟パインがおすすめ
  2. パインの切り方はやや薄めがベスト
  3. 干す日にちに気を付けて(5日干して完成しました)

この3つのコツを画像と合わせながら、ご紹介します!

チェック黄1:完熟パインがおすすめ
パイナップル

ドライパイナップルは完熟パインを使うと、砂糖を使わなくても十分な甘さが得られます。

パイナップルを買うときは

  • 果皮の下部が黄色っぽい色
  • 甘い香りがしているもの

この2つが揃っていれば完熟のサインです。手に取って香りも確かめてみてください。

チェック黄2:パインの切り方はやや薄めがベスト
パイン薄切り

そのまま食べるなら、厚さは3~4mmぐらいが食べやすいです。

天日干しすると縮みます。薄く切り過ぎるとペラペラになるので要注意!

チェック黄干す日にちに気を付けて

今回天日干しをした日にちは5日間。
カラッカラに乾かさず、少ししっとり目に仕上げました。

しっとりドライパイナップル
水分が残って少し柔らかいドライパイナップル

しっかり乾いたパイナップルがお好みなら、1週間ほど干してみてください^^

天日干しの経過と兵庫県の天気

5日間天日干しした兵庫県の天気はこんな感じ。

  • 1日目:晴れ(最高19℃/最低13℃)
  • 2日目:晴れ(最高18℃/最低11℃)
  • 3日目:晴れ(最高17℃/最低11℃)
  • 4日目:晴れ(最高19℃/最低10℃)
  • 5日目:晴れ(最高20℃/最低11℃)

まだ冷え込む前の過ごしやすい天気で、うまく干すことが出来ました。

実際に干してみた経過はこちら↓

天日干し1日目
天日干し1日目:パイナップルは水分多め

天日干し2日目
天日干し2日目:まだまだ水分は多いです。

天日干し3日目
天日干し3日目:水分が抜けて、フワ~といい香りが漂います。

天日干し4日目
天日干し4日目:次第に乾いて、薄いものは縮んできました。

天日干し5日目
天日干し5日目:ほどよい乾燥で、少ししっとりしてます。

そのまま食べることを考えて、5日間だけ干しました。

これでドライパイナップルの完成です(´ω`*)

切って乾かすだけの自然派おやつです。
フルーツとネットがあればすぐ作れるので、好きなフルーツや旬のフルーツでお試しください。

使ったネットはこちら。
大根1本を使った切り干し大根や、いちじくなど干せる丁度いいサイズです。

干しかごはホームセンターでも売ってます。サイズは幅35×奥行35×高さ60センチぐらいが使いやすいですよ。

では完成したドライパイナップルを見てみましょう!!

スポンサードリンク

完成したドライパイナップルがこちら!

ドライパイナップル完成
パイナップル半分を使って写真の量が完成しました。(何グラムか量り忘れた・・・)

あまりドライフルーツを食べない夫が、一つつまんで口に入れると・・・

夫(*´ω`*)「これ甘くて美味しい~!なんかクセになる」

と、かなり好評でした。

砂糖使わなくてもこれだけ甘くなるなら、フルーツ干しは推しです(`・ω・´)b

ドライパイナップルの食べ方

完成したドライパイナップルの食べ方は

  • 本当に本当のおすすめはそのまま食べる!
  • ヨーグルトに入れて!
  • パンや焼き菓子にも合いますよ!

賞味期限は1週間以内が目安です。(我が家は常温保存して3日で食べきりました)

最初はそのまま食べてみて、パイナップルの味を堪能してください。酸味が抜けて、クセになる甘さがありますよ。

ヨーグルトに入れて食べる場合は、2~3時間ほど浸けてから食べると果肉が溶けて美味しいです。パンや焼き菓子に使う場合は細かく切って加えてください。

あひるの行進

フルーツの味をそのままギュッと閉じ込めた手作りドライフルーツ。

安くドライフルーツが作れる!
添加物なしで安心して食べれる!

なにより美味しい(´ω`*)モグモグ

の3つのメリットがあるので、これはぜひ作ってみてください!!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

切って干すだけの切り干し大根も一押しです!!
チェック黄自家製切り干し大根!簡単3ステップで切り干し大根を作ろう

ブログ管理人がいろいろ作ってみました。
チェック黄自分で色々作ってみた&商品を試してみた正直な感想のまとめ

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. 春菊
    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  2. しいたけ栽培キット
    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 瓶に入れて保存
    取り寄せた手作り塩麹キットが完成しましたよ!熟成期間は10日間です。 仕込んでから一日一回混ぜるだけ…
  4. 甘酒3
    米麹で作られる甘酒って飲みやすいけど、1日どれぐらい飲めばいいの?近年その効果が大注目されている甘酒…
  5. 完成
    塩麹で鶏ハムを作ると、しっとりしてて美味しいですよ!鶏ハムは基本的に塩と砂糖で下処理をするのですが、…
ページ上部へ戻る