葛湯(くず湯)は風邪のひき始めに飲もう!葛の効果・効能

クズ

この記事を読むのに必要な時間は【約 3 分】です。どうぞお楽しみください!

葛湯の原材料は『葛』という植物でご存知の方も多いと思いますが、
この葛という植物、有害雑草と言われるほど繁殖力が強いのは知ってましたか?
とても生命力が強くて、ミントに並ぶ繁殖力を誇る植物なのです!

葛根湯やくず餅の原料でもある葛。
実は風邪のひき始めに飲むと、とても効果があるのです!

今回は、生命力が強い葛を原料とした葛湯のことについてご紹介します^^

スポンサードリンク

葛湯は風邪のひき始めに効果的!

 

葛はマメ科の植物で秋の七草のひとつで、
「捨てるところがない草」と言われるほど根や葉、花、つるまで全て使えます。

風邪薬でもある葛根湯の主成分は葛。生薬では『葛根』かっこんと言います。
葛根は葛の根っこを掘り出して、水洗いをして日干ししたものです。

葛根(かっこん)の効能は?
発汗作用や解熱・鎮痛作用があります。
風邪の引き始め、下痢などの胃腸の不良時にも効果があります。

葛湯(くず湯)の効能は?
発汗作用などがある葛根を原料とした葛湯は滋養食として使われています。
とろみがあって消化も良く、胃腸の負担が軽いため、

・風邪やはしかの初期症状
・熱による口の渇き
・糖尿病
・体の冷えの改善

など、病気の初期症状や喉を傷めたとき、乳児の流動食や介護食など
色々な用途・症状に合わせて使えるのが特徴です。

     葛の花

葛の花にはアレが期待できる!
葛の花の生薬名は『葛花』かっかと言います。
「酒毒を消す」と言われる葛花は二日酔いの予防や解消が期待できます。

また葛花にはイソフラボンサポニンが含まれています。

イソフラボンとは?
大豆胚芽に含まれるポリフェノールの一種で、女性ホルモンと同じような
働きをする成分です。

サポニンとは?
植物の根や茎に含まれる配糖体の一種で、コレステロールの除去や動脈硬化の
原因でもある「過酸化脂質」の生成を抑えます。

この2つの成分から、
・肝機能を高める
・更年期障害を改善する
・ダイエット効果がある
・血流を改善する

葛の花には二日酔いの予防だけではなく、男女ともに頼もしい効果があるのです^^
では続けて、葛湯を飲むときのポイントを2つご紹介します。

スポンサードリンク

葛湯は『葛粉』ではなく『本葛粉』が良いですよ!

 

ポイントその①葛湯はなるべく本葛粉を選んで!

葛粉と本葛粉が違うのはご存知ですか?

葛で有名な奈良県は吉野にある葛屋さん。奈良の吉野葛は有名ですよね。
以前『葛会』と言われる『葛屋 中井春風堂』さんの葛作り体験に参加したことが
あるのですが、そこの店主さんから伺った話では、

『吉野葛』と記載されているものは51%以上の葛が入っているものを言い、
『吉野本葛』と記載が許されるのは100%葛しか入っていないものを言うそうです。

本葛粉は100%混り気なしのもの。
ゆえに本葛粉のみで作られた葛切は格別の味でした^^

     葛餅
本葛粉で作られたくず餅も最高です!

葛の根の「重さの5%」からしか取れない本葛は貴重なもので、
加工にも手間がかかるので葛粉と比べると本葛粉の値段は高めです^^;

しかし効能などを考えると、不純物が混じっていない本葛粉がおすすめです。

ポイントその②葛湯に生姜パウダーを入れるとさらにポカポカ!
体の冷えの改善などに効果がある生姜パウダー。
優しくとろっとした葛湯にサッと溶ける生姜パウダーは手軽に出来て、
手足の先がポカポカしてくるので大変おすすめです!

他にも黒糖パウダーや牛乳と混ぜても美味しいですよ~。

胃腸の調子が良くないときや、風邪を引いたかな?というときにお試しください。
次に葛粉を買う機会があれば、ぜひ原材料をチェックしてみて下さいね^^

関連する記事はこちらです。

arrow039_02 風邪の引き始めにはカイロが効果的!風邪薬より先に試して

arrow039_02 体の不調を改善しよう!不調を改善する飲み物や食材のまとめ

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. 玄米の花
    ダイエットに玄米を取り入れたいけど、カロリー高そう。そう思っていませんか?健康効果が注目されている玄…
  2. 生姜紅茶
    生姜は生で食べる方がいいの? それとも乾燥したものを食べる方がいいの? どっちが冷え性に効くの…
  3. 大豆 (1)
    あなたは無調整豆乳が飲めますか? 体に良いと分かっていても、私はどうしても味が苦手で飲めません・・・…
  4. ひまわり
    夏は花火にスイカに海に祭りと、気分が盛り上がるイベントがたくさんですよね!日差しも強く、冷たい食べ物…
  5. かぼちゃの種
    かぼちゃの種、捨ててないですか?実はその種、くるみと同じく栄養豊富なんです!そういえば、かぼちゃの種…
ページ上部へ戻る