緑豆の栄養と効能!夏の暑気あたりを改善する優秀な豆だった!

[最終更新日]2017/07/27

あなたは緑豆を食べますか?実は緑豆は夏こそ食べてほしい豆なんです!

緑豆と聞くと思い浮かべるのが緑豆もやしですが、今回ご紹介するのは『豆』の方。緑豆は比較的安く手に入るお豆ですが、大豆ほどメジャーな存在ではありません(;・∀・)

しかしこの緑豆(ムング豆とも言われます)、実は利尿作用に優れていて、暑い夏こそ食べてほしい優秀なお豆さんなんです!

そこで今回は

  • 緑豆の栄養
  • 緑豆の効能
  • 緑豆のもどし方と茹で方

以上の3点についてご紹介します!夏が暑くて苦手なあなた、お豆好きなあなたも要チェックですよ~(´ω`*)

スポンサーリンク

 

緑豆の栄養はミネラル豊富でビタミンも多数含まれてる!

緑豆の栄養成分は、ミネラルが豊富なことにあります!

その反面、ビタミン類は含有量がやや少なめ。しかし、少ないながらも種類は豊富に含まれているので、全く栄養がないという訳ではありません。

そして、緑豆の注目する栄養成分は鉄分たんぱく質です。

たんぱく質量は大豆に少し劣りますが、鉄分は大豆と同等の量が含まれています。ではその他の栄養はどうでしょうか?わかりやすく表にしてみました^^

※七訂日本食品標準成分表をもとにした可食部100g当たりの栄養素の量です。

  緑豆(乾) 緑豆(ゆで)
 エネルギー 354kcal 137kcal
 たんぱく質 25.1g  10.2g 
カリウム 1300mg 320mg
カルシウム 100mg 32mg
マグネシウム 150mg 39mg
リン 320mg 75mg
5.9mg 2.2mg
亜鉛 4.0mg 0.8mg
モリデブン 410mcg 140mcg
葉酸 460mcg 80mcg
食物繊維 14.6g 5.2g

上記の他にもビタミンA、E、K、B群やパンテトン酸が微量ですが含まれています。

指さしチェック黄 緑豆はスープにしてビタミンを緑黄色野菜などで補って!
ビタミンの含有量が少ない緑豆は、緑黄色野菜と組み合わせて食べましょう。

緑豆2

例えば夏の季節であれば

  • トマトと一緒にスープにする
  • 豚肉やズッキーニと合わせて塩麹で炒める

冬であれば

  • 南瓜・葱・しいたけなどのきのこ類と炒める
  • ご飯と一緒に炊く
  • 雑炊にする

などなど、いろいろアレンジできます。緑豆自体の味はそこまで強くないので、好みの方法で召し上がってみてくださいね(´ω`*)

では続けて、緑豆にはどんな効能があるのでしょうか?気になる効能をチェックしましょう!

スポンサーリンク

緑豆の効能は利尿作用や体内の熱を逃がすこと!

そう、なんと言っても緑豆の効能は利尿作用があることです。

豆 緑豆の効能
中医学的な効能
・身体にこもった余分な熱を冷ます
・体内の余分な水分を排出する
・暑さによる症状を改善する
・解毒する

陰陽 緑豆は中医学では甘味で寒・涼性の食材!
甘味で寒・涼性の性質をも緑豆は心・胃経の機能を改善する働きがあります。

寒涼性の食材は身体にこもった熱邪を取り除きます。
その他にものぼせやイライラ、解毒作用の働きが期待できます。

その他にも
チェック黄暑気あたり
チェック黄滋養作用や体力増進
チェック黄糖尿病
チェック黄排尿が困難な症状の改善
チェック黄むくみ
チェック黄酒の毒による症状
チェック黄口内炎
などの効果が期待できます。

指さしチェック赤 こんな症状がある人は緑豆は控えて!
脾胃が冷えやすい人や、下痢の人は控えましょう。
身体が冷えている状態で、さらに身体の熱を冷ます緑豆はNGです。
お腹を下している場合も同様に、緑豆を食べるのは控えましょう。

 

豆類の中でも利尿作用や解毒作用の効果が期待できる緑豆。特に夏の暑気あたりには有効で、台湾などでは緑豆を冷やしぜんざいにして食べて暑い夏を凌ぐそうです。

緑豆は小さな1粒からは想像できない、優秀な効能を持ってるんですよ(´ω`*)

では最後に、夏こそ食べたい緑豆の戻し方と茹で方を簡単にご紹介します!

 

緑豆のもどし方と茹で方!

緑豆のもどし方は大豆ほど時間がかかりません。

豆 緑豆のもどし方
乾燥緑豆1カップ分を、水1.5カップ(300cc)で2~3時間おきます。

豆 緑豆の茹で方
1:2~3時間おいた緑豆をつけ汁ごと鍋に入れ。、中火で茹でます。
2:アクを取りながら20分ほど茹でれば完成です。

冷やしぜんざいなどにするなら、茹でる時にお好みの量の砂糖を入れましょう。

スープにするならつけ汁ごと使っても問題ないです。炒め物にする場合は、つけ汁から出して使いましょう。

 

次回は緑豆を使った冷やしぜんざいをご紹介します!
冷やしぜんざいできましたよ~!!


暑すぎて辛くなる前に、身体の熱をうまく逃がしましょう^^

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

他にも見逃せない豆の栄養はこちらにあります!
チェック黄小豆の煮汁は捨てないで!小豆の栄養と煮汁の効能・効果
チェック黄白いんげん豆の栄養と効能!食物繊維は大豆より豊富で凄い!

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今年こそ冷え性改善しよ!

体がホッとする優しいおやつはこちら

最新記事

  1. 豆乳と大豆

    2017-10-16

    【驚愕】豆腐と豆乳は体に悪い!?大豆には毒素があるって本当?

  2. バランス2

    2017-10-9

    【薬膳の基礎知識その7-2】気のバランスが崩れると何が起こるの?

  3. バランス

    2017-10-2

    【薬膳の基礎知識その7-1】気とは何か?4つの種類と6つの作用がある!

  4. フムス

    2017-9-22

    フムスの栄養と効能!ひよこ豆と大豆はどっちで作るほうが栄養豊富?

  5. いびき対策グッズ

    2017-8-31

    夫のいびきで眠れない!睡眠不足な私と夫が行った具体的な対策4選!

  6. 大豆の花

    2017-8-15

    大豆の栄養と効能!大豆イソフラボン含有量はどれくらい?

  7. 烏梅

    2017-8-7

    烏梅(うばい)とは何か?効能と烏梅汁(烏梅湯)の作り方とは?

  8. 切り干し大根

    2017-8-1

    切り干し大根の栄養と気になる糖質!乾物でも食べ過ぎには要注意?

  9. くるみ4

    2017-7-24

    くるみの栄養と効能!知らないと損してるクルミのパワーとは?

  10. 2017-7-19

    トマトとミニトマトはどっちが栄養豊富?リコピン含有量は?

ピックアップ記事

  1. 五臓六腑
    [speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="mita.…
  2. お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  3. かりんはちみつ漬け
    冬に起こりやすい喉の乾燥や風邪予防には、はちみつ漬けが一番!! 冬になると夫がよく喉を痛めるので、…
  4. あなたは酒粕を使った飲み物や食べ物は好きですか? 近年、塩麹と同じく健康に優れた効果を発揮すると注…
  5. 塩麹で鶏ハムを作ると、しっとりしてて美味しいですよ!鶏ハムは基本的に塩と砂糖で下処理をするのですが、…
ページ上部へ戻る