米はおかずの友。古代米『黒米』に隠された栄養と効能

[最終更新日]2016/03/19

この記事を読むのに必要な時間は【約 3 分】です。どうぞお楽しみください!

今日も仕事を頑張り、家についてホッと一息。

「そろそろご飯の時間よ~」なんて呼ばれて食卓につき、
お茶碗によそいでもらった米が真っ黒だったら、あなたはどうしますか?

実はこの日本には、白いお米以外にも黒米と呼ばれる米が、
粒が小さく光り輝く黒いお米があるんです・・・!!

米世界にようこそ。
人生終わりを迎える日は、
母親が握ったおにぎりを食べながら(なかの具は梅干し一択!!)
あの世に旅立ちたいと願うアラサー主婦、みたらしです。

みなさん、お米たべてますか?

米穀機構の「米の消費動向調査」を見てみると
米の家庭内と外食消費量が年々減少の傾向にあると結果が出てます。

減少の傾向にありながらも、最近ではスーパーでも品数が豊富になり、
白米に玄米、十六穀米に分つき米(玄米から糠を残して精米したお米)
などなど、白米に飽きたときにあれこれ選ぶ楽しさが増えつつあります。

そんな品数豊富なお米界をウロウロしながらも、
最近出会った異色な存在をアピールする米があります。

その名も黒米(くろまい)です!!

 

   黒米

読んで字のごとく一粒ずつが真っ黒です。
ホントに真っ黒です。
裏を見ても真っ黒です。

出来立てホッカホカのおかずが並んでいるのに、
手の中のお茶碗には 存在をアピールする黒米。
口に入れる前に悩んでいるあなたを、黒い輝きで圧倒します。

しかしこの黒米。
実は白米よりも栄養が豊富で、慢性の疲労感や
エイジングケアに効果があるという優れた米なんです。

今回はこの黒米のことをご紹介します!

 

スポンサードリンク

古代米『黒米』の栄養と効能

 

黒米のことを「古代米」と呼びますが、そもそも古代米とは
私たちの祖先が栽培していた、古代の稲の品種を色濃く残した稲のことを言います。

種類としては
黒米、赤米、香り米などです。

白米と育て方は似ていますが、品種によっては気象障害や病害虫に弱いもあり
日本でもごく一部の地域しか生産されていないものです。

ビタミンとミネラルは白米よりも豊富!
ビタミン類はビタミンB1・B2、ビタミンE、そしてナイアシン
鉄、カルシウム、マグネシウムとミネラルもたっぷり

黒い色はアントシアニンの成分
ポリフェノールの一種、アントシアニンが黒米の色の素で
摂取することにより、抗酸化作用や滋養強壮作用がもたらされます。

体力や気力の低下時に効果あり
足腰の痛みを取り、血行を良くする作用があります。
また賢の働きと、消化機能を良くする働きもあります。

中国では不老長寿の米として重宝されたほか、
漢方薬や産婦の栄養食品としても用いられたそうです。

これだけ栄養が豊富だと、
たくさん食べないと効果ないんじゃないの~?と誤解されがちですが

実は少量でも効果が発揮されるのが、黒米のスゴイとこです。

次に黒米の炊き方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

お米一合に小さじ一杯で栄養満点!

 

我が家は黒米を土鍋で炊いてみたのですが、炊き方は白米と同じです。

①米一合に小さじ一杯の黒米を入れる
②偏らないように混ぜ合わせる
③分量の水を入れます。

特別に必要な作業はないです。

黒米はもちもちとした触感なので、黒ゴマやごま塩を入れてみると
黒ゴマの栄養もプラスされて、より美味しくなると思います!

この記事の最初に、真っ黒なお米と言いましたが、
炊き上がりはうっすらと紫色です。
(すべて黒米で炊くと、真っ黒なごはんがお出迎えしてくれます)

最初は分量を抑えて炊いてみて、あとはお好みで黒米の量を増やしてください。

ちなみに我が家は米三合に黒米大さじ一杯に増やしました。

いつもの白米に飽きてしまったら、ぜひ黒米を試してみてください!
新たな触感に出会うこと間違いなしです。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

関連するお米はこちらにもありますよ!
チェック黄玄米と雑穀米はどっちがおすすめ?栄養と効能の違いを比較
チェック黄玄米の栄養と効能。白米より玄米の値段が高い理由を調査!
チェック黄白米は玄米と比べて栄養がない?注目したいのは白米の食べ方

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 2017-1-17

    【薬膳の基礎知識その1】薬膳とは何か?どんな役に立つのか?

    ※注:読む時間に11分とありますが、そこまでかかりません(実質4分ぐらいです) [speech_b…
  2. 2017-1-6

    納豆の食べ過ぎはNG?一日3パックの摂取は思わぬ落とし穴が!

    あなたは一日に納豆をどれぐらい食べますか? 一日に2パック? 健康を考えて毎食、一日に3パック…
  3. 2016-12-21

    納豆アレルギーの症状と原因!自覚がない場合もあるってホント?

    納豆を食べ過ぎて、納豆アレルギーを発症しました。 ウソのような本当の話ですが、私の姉が納豆を食べ過…
  4. 2016-12-12

    かりんのはちみつ漬けの作り方!花梨の選び方とカビの原因とは?

    冬に起こりやすい喉の乾燥や風邪予防には、はちみつ漬けが一番!! 冬になると夫がよく喉を痛めるので、…
  5. 2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  6. 2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  7. 2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  8. 2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  9. 2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  10. 2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…

ピックアップ記事

  1. あぁ~寒い!早く家に帰ってこたつ入りたい!! 秋の涼しさを通り越して冬になると、段々と布団から出る…
  2. あんずを八百屋で発見したときは、即買いしないと次の日にはなくなってます。我が家では毎年あんずジャムを…
  3. 四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…
  4. 夫の髪が・・・髪が薄く・・・なってきかもしれません。夫婦ともにまだ30代ではありますが、そろそろ気に…
  5. 白いんげん豆と白花豆は、実は違う種類の豆だとご存知でしたか?白いんげん豆はマメ科インゲン属の『いんげ…
ページ上部へ戻る