たけのこの白い粉は食べれる?美味しいたけのこの選び方!

[最終更新日]2016/03/06

筍(たけのこ)に白い粉(白い粒)がついてる!なにこれカビなの!?

そんな風に驚いたことはないですか?
私もスーパーでたけのこの水煮を買って、白い粉を見たときは驚きました。

実はこの白い粉は食べても人体に問題はありません。
問題はなくても、この白い粉はなんなのか気になりますよね?

そこで今回はたけのこの白い粉の正体を調べてみました!
白い粉の正体と一緒に、美味しいたけのこの選び方も調べたのでご紹介します!

スポンサーリンク

たけのこの白い粉(白い粒)の正体はアミノ酸の一種!

 

たけのこには『シュウ酸』『ホモゲンチジン酸』という成分が含まれています。
あまり聞き慣れない成分ですが、この2つがたけのこのアクとえぐ味の正体なのです。

指さしチェック黄 シュウ酸はほうれん草などにも含まれている!
シュウ酸は広く植物に含まれていて、特にたけのこ、ほうれん草は含有量が多いです。
あくの原因ともなり、過剰な摂取は結石の原因になります。
カルシウムを含むワカメなどと一緒に食べることで結石を防ぎます。

指さしチェック黄 ホモゲンチジン酸もえぐ味のもと!!
たけのこに含まれるチロシンが酸化したものがホモゲンチジン酸になります。

実はチロシンが白い粉の正体なんです!!

チロシンは不溶性のアミノ酸で、茹でると溶けだします。
冷めて固まると白い粉や粒となり、たけのこの表面に残るのです。
もちろん食べても影響はありませんので、安心して召し上がってください。
気になる方は水で洗い流して食べましょう。

そういえば、たけのこの水煮は一年中スーパーで売っていますよね。
水煮の栄養は残っているのでしょうか?水煮の栄養価はこちらをご覧ください。

vegitable01-036mたけのこの食べ過ぎは肌荒れや腹痛になる?筍の栄養価と効能

 

では続けて美味しいたけのこの選び方をご紹介します!

スポンサーリンク

美味しいたけのこの選び方。選ぶポイントはここ!

 

たけのこ絵赤丸で囲んだこの2か所が重要です!

指さしチェック緑 たけのこの選び方のポイント
チェック緑穂先が緑色のものが新鮮です。
チェック緑切り口の断面が白くてみずみずしいものと、頭の部分が黄色いものが新鮮です。
チェック緑たけのこは太くて短い物が美味しいです。
チェック緑根元の赤いぶつぶつが少ないものを選びましょう。多い物はアクが強いです。
チェック緑皮の色が薄く、しっとりしている物を選びましょう。

そしてたけのこを買ったその後が最も重要です。
出来るだけ早く、アク抜きしましょう!!

指さしチェック緑 たけのこQ&A
Q:アク抜きせずにたけのこを使うことは出来ないの?
A:たけのこは時間が経てば経つほどアクが強くなっていきます。
   アク抜きせずに生で使うことが出来るのは、掘りたての物だけです。

Q:アク抜きしてもえぐ味が強い場合はどう調理すればいい?
A:天ぷらにしたり、油で炒めることによってえぐ味を感じにくくなります。

Q:たけのこの部位による調理方法はなに?
A:穂先は若竹煮やあえ物など、風味が楽しめる調理法がいいでしょう。
   中央部は適度な硬さがあるので焼き物や揚げ物が向いています。
   根元はさいの目に切って炊き込みご飯など甘みを活かす調理をしましょう。

Q:たけのこはどうやって保存すればいい?
A:アク抜きしたものをタッパーなどに入れ、かぶるくらいの水をいれます。
   冷蔵庫に保管し、毎日水を入替えて5日~1週間ほどは保管できます。

Q:栄養面でおすすめな調理方法はなに?
A:たけのこの食物繊維を活かすなら、ワカメと一緒に若竹煮がおすすめです。

たけのこ炊き込み
個人的にはたけのこの炊き込みご飯も旬を感じるのでおすすめですよ^^

 

アク抜きするのは時間がかかって手間ですが、それでも美味しいたけのこ料理。
太くて短い1本のたけのこでも十分食べ応えはあります。
ぜひ色々な調理法で美味しく召し上がってください^^

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

美味しい野菜の栄養を逃さないで!
栄養たっぷりな野菜のまとめ記事はこちらです。
野菜集合2 健康に良い野菜を食べよう!美味しい野菜の栄養と効能・効果

スポンサーリンク

みたらしシンプル薬膳アドバイザー

投稿者プロフィール

薬膳アドバイザーのみたらしです!
シンプルで簡単な薬膳をモットーに、ココロとカラダに良さそうな新鮮な食材や美味しいものを探して、神戸は三ノ宮付近をフラフラ散歩してます。

この著者の最新の記事

おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今年こそ冷え性改善しよ!

体がホッとする優しいおやつはこちら

最新記事

  1. 2017-12-8

    サンザシ(山査子)の効能と味!ドライフルーツは意外な味がしたよ!

  2. はちみつ

    2017-11-30

    生はちみつとはちみつの2つの違いと非加熱蜂蜜の具体的な見分け方!

  3. 肉

    2017-11-17

    薬膳から見た牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉・レバーの性質と効能とは?

  4. 生薬の薬箱

    2017-11-9

    薬膳の通信講座や上級資格・認定団体がややこしいのでまとめてみた!

  5. バター2

    2017-11-1

    バター・マーガリン・ファットスプレッド、3つの違いは知ってる?

  6. 豆乳と大豆

    2017-10-16

    【驚愕】豆腐と豆乳は体に悪い!?大豆には毒素があるって本当?

  7. バランス2

    2017-10-9

    【薬膳の基礎知識その7-2】気のバランスが崩れると何が起こるの?

  8. バランス

    2017-10-2

    【薬膳の基礎知識その7-1】気とは何か?4つの種類と6つの作用がある!

  9. フムス

    2017-9-22

    フムスの栄養と効能!ひよこ豆と大豆はどっちで作るほうが栄養豊富?

  10. いびき対策グッズ

    2017-8-31

    夫のいびきで眠れない!睡眠不足な私と夫が行った具体的な対策4選!

ピックアップ記事

  1. 大豆の花
    あなたは大豆の花を見たことがありますか? いつも見たり食べたりするのは実だけなので、どんな花が咲く…
  2. ごぼうの抗酸化力をアップさせるなら、レンジで加熱することがおすすめです。 以前ごぼうの下処理にレンジ…
  3. 年末から年始にかけて風邪ひきました。 ゾクゾクっとした寒気が背中に来たので、 「これは風邪ひくかも!…
  4. あなたは、三五八(さごはち)漬けを知ってますか?聞き慣れない『三五八漬け』という言葉。 漬けと言うか…
  5. 牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
ページ上部へ戻る