春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

[最終更新日]2016/10/20

お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか?

私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマロニーをポン酢にひたして食べるのが大好きです!胡麻和えも美味しいですよね!

子供のころは春菊を「変な味~」と言いながらパクパク食べてましたが、大人になってからはこの苦味が微妙~にクセになってます(´ω`*)

さて、そんな春菊ですが、実は女性に嬉しい美肌効果があって、ほうれん草よりβカロテン含有量があるって知ってましたか?

知らないなら損してますよ!せっかく冬の野菜を食べるなら、効果的に食べましょう!

ということで今回は、春菊の栄養と効能、独特の香りについてご紹介します^^

スポンサーリンク

 

春菊の栄養!生と茹ではどっちが栄養価が高い?

さっそく、春菊の栄養価を生食と茹でた場合で比較してみましたが・・・

どちらも甲乙つけがたい結果になりました。

下の栄養価の表をご覧ください。

※七訂日本食品標準成分表をもとにした、可食部100g当たりの栄養素の量

  春菊(生) 春菊(ゆで)
カロリー 22kcal 27kcal
カリウム (2000mg) 460mg 270mg
カルシウム(650mg) 120mg 120mg
マグネシウム(290mg) 26mg 24mg
鉄(11mg) 1.7mg 1.2mg
ビタミンA (700㎍) 4500㎍ 5300㎍
ビタミンB¹ (1.1mg) 0.10mg 0.05mg
ビタミンB² (1.2mg) 0.16mg 0.08mg
ビタミンC (100mg) 19mg 5mg
ビタミンE (6.5mg)  1.7mg 2.0mg
ビタミンK(65㎍) 250㎍ 460㎍
葉酸 (240㎍) 190㎍ 100㎍
食物繊維 (17g) 3.2g 3.7g

※栄養の隣の()内は成人女性の1日の推奨量または目安量

  • 生食だとカリウム・鉄・ビタミンC・ビタミンB¹やB²、葉酸を損なわない
  • 茹でるとビタミンA・ビタミンE・ビタミンK・食物繊維が増加する

これは、得たい栄養によって調理の仕方を変えるほうがよさそうですね(´ω`*)

指さしチェック緑春菊はサラダにするならビタミンCをプラスして!
春菊を生食でサラダにするなら、ビタミンCが豊富なグレープフルーツなどをプラスしましょう!

グレープフルーツ
ビタミンCを追加することで、ビタミンEや抗酸化力をアップさせてくれます。

クルミと甘めの味噌で和えるのもGOOD!肌荒れ防止の効果が期待できますよ^^

では続けて、春菊にはどんな効能があるのか?ご紹介します!

春菊の効能!βカロテンはほうれん草以上でお肌にイイ!

先ほどご紹介した栄養の中で、飛びぬけて栄養価が高かったのがビタミンA(βカロテン)でしたね。

チェック緑βカロテン
抵抗力をつけて風邪などを予防する大事な栄養素です。

緑黄色野菜の中ではほうれん草や小松菜よりも含有量が豊富です。そして抗酸化作用を持つβカロテンは、体内でビタミンAに変わります。

指さしチェック緑ビタミンAは美肌に欠かせない!
ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きをします。
口や鼻、のどの粘膜を守り、髪や爪、皮膚の乾燥にも関係するビタミンです。

 

他の効能として

  • カリウムがナトリウムの排出を促進して、血圧上昇を抑える
  • カルシウムは骨を作る大事なミネラル。骨粗しょう症を予防する
  • ビタミンA(βカロテン)は抗酸化作用を発揮して、がんを予防する
  • ビタミンB¹・B²が脂肪・炭水化物・タンパク質の代謝促進させる
  • ビタミンEは血液をサラサラにして、若さを保つ
  • ビタミンKは出血時の血液凝固効果と骨の形成に役立つ
  • 食物繊維は腸内の掃除係!老廃物を体外へ排出する

など、春菊には様々な効果が期待できます。

春菊2

ちなみに薬膳では春菊の性質は辛・甘/涼性の性質を持ち、帰経は心・脾・胃経です。

陰陽中医学の春菊の効能

  • 胃腸を丈夫にする
  • 肺の粘膜を潤して、痰を切る
  • イライラを解消して精神を落ち着かせる
  • 便秘を解消し、尿の出を良くする

これらの効果が期待できますが、下痢傾向にある人は摂取は控えましょう。

以上が春菊の栄養と効能になります。

さすが緑黄色野菜なだけあって、春菊そのものの栄養価や効能がたくさんありますね。

しかし「栄養あるのはわかるけど、あの香りが苦手」という方は多いのではないでしょうか?でもあの独特の香りにも、実はちゃんとした効果があるのです!

続けて、春菊の独特の香りについてご紹介します。

スポンサーリンク

春菊の独特の香りが食欲不振を改善する!

春菊って、香りが強いですよね。

セロリと同じで、食べる前から存在をアピールする野菜ではありますが、あの独特の香りこそが食欲を増進させ、胃もたれを解消する働きがあるのです。

香り成分はこちらの2つ

  • α-ピネン
  • ペリルアルデヒド

チェック緑α-ピネン
松脂(松の天然樹脂)や松精油(松の木のチップ)が主成分です。

森の中に入ったときと同じようなリラックス効果があり、免疫機能の向上が期待される成分でもあります。入浴剤や香料などにも使われてますよ^^

チェック緑ペリルアルデヒド
シソに含まれる有機化合物です。

なんと、シソの精油の50%がこのペリルアルデヒドなんです!防腐作用があり、食中毒防止や胃液の分泌を促進させます。

095400
食欲不振なんて吹っ飛ばせ~♪

指さしチェック緑春菊の香りを活かして栄養価をパワーアップ!
春菊の香りを活かすなら、油やたんぱく質と一緒に摂取しましょう!!

春菊は油やたんぱく質と一緒に摂取すると栄養価がパワーアップするため、食欲増進のゴマ油を使ったり、豚しゃぶにすると栄養効果が高くなります!

α-ピネンペリルアルデヒドの成分が作用して食欲を増進させ、さらに油やたんぱく質で栄養価を上げる。まさに良いとこどりですね(*^▽^*)

「食欲が何となくわかないな~」と言うときは、春菊を炒めてみてください!

では最後に、今回の内容をまとめて終わりにしたいと思います。

春菊のまとめ

春菊春菊の栄養価は

生でも茹でても甲乙つけがたいほど栄養価は豊富!

  • 生食だとカリウム・鉄・ビタミンC・ビタミンB¹やB²、葉酸を損なわない
  • 茹でるとビタミンA・ビタミンE・ビタミンK・食物繊維が増加する

生食でサラダにする場合はビタミンCを追加すると、ビタミンEや抗酸化力をアップさせてくれる!

春菊春菊の効能は

ビタミンAによる美肌効果が期待できる!

陰陽中医学の春菊の効能

  • 胃腸を丈夫にする
  • 肺の粘膜を潤して、痰を切る
  • イライラを解消して精神を落ち着かせる
  • 便秘を解消し、尿の出を良くする

春菊春菊の独特の香りは

  • α-ピネン
  • ペリルアルデヒド

この2つが食欲を増進させ、胃もたれを解消する働きがある!!

春菊の香りを活かすなら、油やたんぱく質と一緒に炒めて!食欲がわいてきますよ(*^▽^*)

あひるの行進

春菊の旬は11月から3月です。
お鍋にサラダに和え物といろいろな料理に使えて、さらに冬の代表野菜と言われるほど栄養価は豊富なので、これは使わないと損ですよね。

冬はどうしても根菜類に偏ってしまいがちなので、緑黄色野菜の春菊を取り入れてバランスが良いメニューにしましょう(´ω`*)

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

美味しい野菜の栄養と・効能と効果、見逃してませんか?
チェック黄健康に良い野菜を食べよう!美味しい野菜の栄養と効能・効果

 

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今年こそ冷え性改善しよ!

体がホッとする優しいおやつはこちら

最新記事

  1. いびき対策グッズ

    2017-8-31

    夫のいびきで眠れない!睡眠不足な私と夫が行った具体的な対策4選!

  2. 大豆の花

    2017-8-15

    大豆の栄養と効能!大豆イソフラボン含有量はどれくらい?

  3. 烏梅

    2017-8-7

    烏梅(うばい)とは何か?効能と烏梅汁(烏梅湯)の作り方とは?

  4. 切り干し大根

    2017-8-1

    切り干し大根の栄養と気になる糖質!乾物でも食べ過ぎには要注意?

  5. くるみ4

    2017-7-24

    くるみの栄養と効能!知らないと損してるクルミのパワーとは?

  6. 2017-7-19

    トマトとミニトマトはどっちが栄養豊富?リコピン含有量は?

  7. 2017-7-13

    空芯菜(ようさい)の栄養と効能!葉は生でも食べられるって本当?

  8. 立派な大葉

    2017-7-1

    大葉(シソ・紫蘇)の栄養と効能!効果的なその使い方とは?

  9. 青紫蘇5

    2017-6-16

    大葉の食べ過ぎはどうなるの?気をつけたい1日の摂取量は?

  10. 赤紫蘇と青紫蘇

    2017-6-8

    赤紫蘇と青紫蘇の違いは?食べるならどっちが体に良いの?

ピックアップ記事

  1. くるみ4
    ポリポリポリポリ、ポリポリポリポリ。 最近、ミックスナッツ(ローストで無塩タイプ)が私のおやつです…
  2. 白いんげん豆と白花豆は、実は違う種類の豆だとご存知でしたか?白いんげん豆はマメ科インゲン属の『いんげ…
  3. 以前、りんごはちみつ黒酢ダイエットを狂ったように飲んでた時期がありました。「なに、そのりんごなんとか…
  4. あなたは無調整豆乳が飲めますか? 体に良いと分かっていても、私はどうしても味が苦手で飲めません・・・…
  5. 四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…
ページ上部へ戻る