松の実は仙人の食!松の実の栄養と効能がスゴイ理由とは?

松の実ロースト

この記事を読むのに必要な時間は【約 5 分】です。どうぞお楽しみください!

積極的に食べようとしない限り、あまり縁がない食材の松の実。
お隣中国では古くから、松の実は『仙人の食』と呼ばれるほど重宝されています。

仙人の食・・・食べたら長生きできる、ということですかね?

そんな気になる仙人の食、松の実の種類はなんと世界で20種類!
日本にあるクロマツやアカマツは、食べれないそうです。日本で見かける松の実は『朝鮮五葉松』という松笠の中の胚乳(はいにゅう)のものだとか。

あの小さな松の実には、どんな栄養と効能があるのでしょうか?気になりますよね!

そこで今回は、松の実の栄養と効能について調べたことをご紹介します。今まで松の実を食べなかったあなたも、この機会にぜひ食べてみてください!!

スポンサードリンク

 

松の実の栄養はとっても豊富!一粒に栄養ぎっしり!

 

まずは松の実の栄養数値から見てみましょう!
※松の実100g当たりの数値を、USDA栄養データベースから参照。

エネルギー 673kcal ビタミンE 9.33mg
食物繊維 3.7g ビタミンK 53.9mg
ビタミンA 17mcg 5.53mg
ビタミンB¹ 0.3mg マグネシウム 251mg
ビタミンB² 0.2mg 亜鉛 6.45mg
ビタミンB³ 4.3mg 脂肪 68.37g
ビタミンB⁶ 0.09mg    

ビタミンB群やビタミンE、鉄やマグネシウムなど栄養は豊富に含まれています。

やはり種実類なので、カロリーが高いのは気になりますよね。
しかし100gも一気に食べると胸焼けしちゃうので、少量であればカロリーは気にしなくても大丈夫です^^;

あとは脂肪が68.37gも含まれてますが・・・その脂肪について調べてみました!

指さしチェック黄 松の実の脂肪は不飽和脂肪酸!!
松の実に含まれている脂肪は不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸には食品からしか摂取できないものがあります。

チェック黄不飽和脂肪酸とは
魚類や植物油(オリーブオイルやグレープシードオイル、ゴマ油やシソ油)に含まれる植物性の脂肪です。常温では固まりにくく、体内でも液体としてあるのが特徴です。

不飽和脂肪酸は血中コレステロール血を調整する作用があります。

では松の実にはどんな不飽和脂肪酸が含まれてるのでしょうか?

必須脂肪酸のリノール酸
松の実にはオメガ6のリノール酸が、33.1g含まれています。
くるみと比較しても、劣らない含有量です^^

チェック緑リノール酸の効能
・コレステロール値を下げる
・生活習慣病の予防や改善

チェック緑リノール酸が不足した場合は?
・成長が遅れる
・皮膚炎になる
・肝臓障害や胃腸障害が起こる
などがあるため、摂取するバランスが必要な脂肪酸です。

オメガ9のオレイン酸
松の実にはオレイン酸が17.9g含まれています。
くるみより2倍以上もオレイン酸が多いのです!

チェック緑オレイン酸の効能
・動脈硬化の予防
・高血圧の予防
胃酸分泌が少ないため、胃もたれしにくいです。

 

不飽和脂肪酸の中では融点が高く、酸化しにくいため加熱調理に適しています。
また他にも皮膚への刺激が少ないため、クリームやローションなどにも使われてるんですよ^^

松の実こんがり

指さしチェック赤 松の実はアレルギーも改善してくれる!?
松の実や、松の実油には多くのピノレン酸が含有されています。

このピノレン酸の主な効能は3つ

  • アレルギーのかゆみの原因となる酵素を抑制してくれる
  • 食欲減退物質の生成を促す
  • 悪玉コレステロール濃度を低下させる

この成分は松の実独特のもので、その効果が注目を浴びてるのです!
勢いあまってたくさんお伝えしてしまいましたが、松の実には『リノール・オレイン・ピノレン酸♪』と覚えてみましょう^^

では続けて、松の実の効能について簡単にご紹介しますね!

スポンサードリンク

松の実の効能がたくさんありすぎて困る!

 

栄養豊富な松の実の効能を、簡単にまとめてみました。

  • 不飽和脂肪酸による、血中コレステロールを調整する作用
  • ピノレン酸によるアレルギーの改善や食欲の抑制
  • ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEによる美肌効果
  • 眼精疲労の改善
  • 食物繊維による整腸作用
  • 鉄分による貧血予防
  • 亜鉛による糖尿病の予防
  • 抜け毛の予防
  • 生活習慣病の改善

以上のたくさんありすぎる効能が、松の実には期待できます!!

082991美肌にもいいんだ♪

ちなみに、中医学的な松の実の効能はと言うと・・・

陰陽中医学的なマツの実の効能
・肺を潤し、乾燥から肌を守る
・腸内の血・津液不足による便秘を改善する
・経絡や臓腑の間に停滞した風邪(ふうじゃ)を発散させる

 

中医学でも松の実の優秀さは有名で、薬膳でも頻繁に松の実を使った料理を目にします。

ただし、健康に良さそうだからと一気に食べてはいけません。

『毎日少しずつ』を合言葉に、美味しく食べてくださいね^^

それでは最後に、今回の内容をまとめてみました!

 

今回のまとめ

 

チェック黄松の実の栄養

ビタミンKや鉄や亜鉛、マグネシウムなどミネラルが豊富。
ただしカロリーは100gで673kcalと高め。食べる量には注意しましょう。

不飽和脂肪酸の『リノール・オレイン・ピノレン酸♪』が含まれています。

チェック黄松の実の効能

  • 不飽和脂肪酸による、血中コレステロールを調整する作用
  • ピノレン酸によるアレルギーの改善や食欲の抑制
  • ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEによる美肌効果
  • 眼精疲労の改善
  • 食物繊維による整腸作用
  • 鉄分による貧血予防
  • 亜鉛による糖尿病の予防
  • 抜け毛の予防
  • 生活習慣病の改善

など、様々な効能が期待できます!
毎日少しずつを合言葉に、普段の食生活に取り入れてください^^

まだまだ松の実は、ご紹介したいことがたくさんあります!
次は、

  • 食べるときに気をつけたいこと
  • 松の実は一日にどれぐらい食べたらいいのか?

についてご紹介します。記事はこちらです!
チェック黄松の実の食べ過ぎは体に悪い?松の実の一日の摂取量と注意点

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. チョコブロック2
    美味しいチョコレート食べてますか? ちょっと一息つきたいときにチョコレートを食べると、ホッとしますよ…
  2. 玄米ご飯
    我が家には炊飯器がありません。じゃあ何でご飯を炊いているかというと、土鍋でご飯炊いてます。土鍋を使っ…
  3. 梅ご飯2
    梅干しって、1日に何個まで食べていいんでしょうか?小さい頃はカリカリ梅とはちみつ梅が好きで、かなりの…
  4. 大福豆
    白いんげん豆と白花豆は、実は違う種類の豆だとご存知でしたか?白いんげん豆はマメ科インゲン属の『いんげ…
  5. 三五八漬け
    あなたは、三五八(さごはち)漬けを知ってますか?聞き慣れない『三五八漬け』という言葉。 漬けと言うか…
ページ上部へ戻る