干し芋のおやつは太る?干し芋の栄養と注意したい食べ方!

干し芋

この記事を読むのに必要な時間は【約 4 分】です。どうぞお楽しみください!

干し芋の袋を見たとき、ギョッとしたことないですか?
「なんか白い粉ついてる!・・・もしかしてカビ!?」

私もあの白い粉をカビと勘違いしてたことがありました。
実は干し芋の表面についてる白い粉は、さつまいもの糖分が結晶化したものです。
カビではないのです!!(白い粉が胞子状になってたら注意です)

ということで、今回ご紹介する品は『干し芋』です。
白くなっている状態に手が伸びにくい方も多いかもしれませんが、
干し芋は便秘の改善や体に優しいおやつとして人気なんですよ~!
それではさっそく干し芋の栄養と、注意したい食べ方をお伝えします^^

スポンサードリンク

干し芋の栄養と効果。便秘の改善やおやつとして大活躍!

 

サツマイモ(生)と干し芋(蒸し切干)の栄養を比較!
分かりやすいように栄養数値をグラフにしてみました。
※ビタミン類の()の数値は成人女性の1日の摂取推奨量、または目安量です。
※数値は可食部100g当たりの含有量です。

  さつまいも(生) 干し芋(蒸し切干)
エネルギー 132kcal 303kcal
水分 66.1g 22.2g
カリウム(2000mg) 470mg 980mg
ビタミンC (100mg) 29mg 9mg
ビタミンB¹ (1.1mg) 0.11mg 0.19mg
ビタミンE (6.5mg)  1.6mg 1.3mg
食物繊維 (17g) 0.5g 2.4g

干し芋にした状態ではカリウムと食物繊維が大幅に増えますね。
カリウムはさつまいもの2倍増えて、食物繊維はさつまいもの約5増えます!!

ただし干し芋のカロリーも2倍以上増えて、ビタミンCは減ってしまいます。
干し芋は『栄養が増えるけど、カロリーにも気をつけたい』食べ物ですね。

では具体的に干し芋にはどんな効能があるのでしょうか?

ビックリマークのアイコン素材 7 干し芋の物繊維が便秘を予防、改善する!
何といっても注目なのが干し芋の食物繊維です!!
上の表の数値からも分かる通り、干し芋にすると食物繊維は大幅に増えるため、
便秘の症状でお悩みの方には特におすすめの食べ物です。

はてなのコメントアイコン素材 2 なぜ便秘には食物繊維がいいのか?
第6の栄養素とも言われる食物繊維は、腸内のお掃除係。
人間の消化酵素では消化されないため腸内まで届き、
腸内に残っている老廃物を運び、体外へ排出する役割を担っています。
便秘は老廃物が腸内に残っている状態なので、食物繊維の摂取が重要なんです。

     さつまいも2つ

ビックリマークのアイコン素材 7 さつまいもに含まれる『ヤラピン』が便秘症状をさらに改善させる!
ヤラピンとはさつまいもを切ったときに出る白い乳液上の成分です。
指で触ると粘着性のある、あの白い液体のことです。

ヤラピンは大腸では不溶性の食物繊維で、さつまいもの皮の近くに含まれています。
腸内でビフィズス菌を増やし、便を柔らかくし、腸のぜん動を促進します。
腸を刺激する食物繊維とヤラピンとの相乗効果で便秘を予防・改善するのです!

さらにヤラピンは熱にも強いため、さつまいもを焼いたり蒸したりしても、
その効果が期待できる優れた成分なんですよ^^

食物繊維以外の栄養の効能として、
カリウムは
・体内の余分なナトリウムを排出するため、むくみを改善する
・血中にたまったナトリウムを排出し、高血圧を予防する
など、むくみ高血圧にも効果があるんです!

干し芋の栄養面は食物繊維がとても豊富ということが分かりました。
続けて、干し芋の注意したい食べ方をご紹介します!

スポンサードリンク

干し芋のココに気をつけて美味しく食べよう~!!

 

気をつけたいことその①干し芋のカロリー
干し芋100g当たりのカロリーは303kcalと侮れない数値なので、
ダイエット中はお腹にいいからと食べ過ぎには注意が必要です。

しかし、干し芋の甘さがダイエット中の味方にもなる!
干し芋は食物繊維が豊富で消化がゆっくりな食べ物です。
さらにさつまいも本来の甘さが際立つ干し芋は、ストレスが溜まりやすく
甘いものが食べたい時のダイエット中には向いています。

どうしても甘いものが食べたい時は、ゆっくり食べましょう^^

気をつけたいことその②干し芋の表面の白い粉をよく見て!
冒頭でも書きましたが、干し芋の白い粉は糖分が結晶化したものです。
ただ、干し芋はきちんと保存・保管されていないとすぐにカビが生えます。
販売されているものは問題ないかと思いますが、それでも買う前には
商品をよく見ましょう!!胞子状になっているものは白カビの恐れがあります。

干し芋はコレステロールがなく、子供のおやつなどにも最適な食べ物です。
ぜひ美味しいものを召し上がってくださいね^^

干し芋、さっそく食べてみました!感想はこちらの記事をどうぞ↓
arrow039_02 干し芋を食べた感想。干し芋は腹持ちが良く、噛み応えあり

こちらのおやつもおすすめですよ~↓
arrow039_02 黒糖くるみの栄養と効能。くるみと黒糖でおやつにしよう!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. IMG_20160324_225537
    黒糖とメープルの生姜シロップ、お酒の生姜エキスを作りましたよ!八百屋さんで高知産の生姜がでーんと並ん…
  2. 3か月後
    どうやら手作り味噌の天地返しは、する派としない派にわかれるようです。 今年(2016年)の2月に初…
  3. ゴーヤ
    ゴーヤとおかかの相性が良いのを知って以来、ゴーヤの和え物にハマってます。夏バテ予防に我が家もゴーヤを…
  4. 三五八漬け
    あなたは、三五八(さごはち)漬けを知ってますか?聞き慣れない『三五八漬け』という言葉。 漬けと言うか…
  5. そら豆
    あー!!ちょっと待って!そら豆の薄皮は捨てないでください!!空豆の薄皮にも栄養がきちんとあるんです!…
ページ上部へ戻る