寒い冬は体を温める食材・野菜をスープにして栄養をとろう

シチュー2

この記事を読むのに必要な時間は【約 4 分】です。どうぞお楽しみください!

寒い冬は『葱、生姜、にんにく』の3つの食材が大活躍します!
生姜や葱やニンニクの味が効いたスープは体がポカポカしてきますよね^^

我が家では積極的に野菜を丸ごと使ったスープを作るようにしてます。
なぜなら、スープは野菜の栄養を逃さず食べられるから!

野菜を丸ごと煮込むだけで簡単にでき、なおかつ栄養があって一石二鳥。
寒さが厳しい時期や体調が良くない時など、この3つの食材がとても役に立つんです!

今回は、
「なぜ寒い冬に体を温める野菜や食材のスープがいいのか?」についてご紹介します。

スポンサードリンク

実はスープが薬膳の中でもっとも適した食べ方だった!?

 

薬膳の調理方法は色々ありますが、その中でも『煮る』『蒸す』など、
水を使って調理をし、その汁ごと食べるのが適していると言われてます。

なぜ煮る・蒸すなどして汁ごと食べるのがいいのか?

それは、食材の栄養成分が逃げずに汁(スープ)に詰まっているからです!

栄養を逃がさず、さらには体の血の巡りを良くしてくれます。
他にも固形物を食べられない高齢者や体の弱い人でも負担なく食べる事ができるため、
風邪のときや食欲がないときでもスープはエネルギーを蓄える重要な役割をもちます。

スープや胃腸が弱っている時のお粥、栄養を封じ込めカロリーを抑える蒸し料理。

どれも胃腸が強くない日本人には適した食べ方なんです^^

     きのこスープ
生姜と葱のスープ、ごぼうや人参の皮ごと根菜スープ、にんにくと唐辛子を
効かせたスープも体を温めます。

体への負担が少ないスープ。次に冬という季節を中医学の観点で見てみましょう。

冬は一年の中で一番疲れが出やすい季節!
春から季節が移り変わり、夏の疲れが取れないまま秋が過ぎて寒い季節を迎えると、
体の疲れが取れていない、または体力が低下したと感じることはないですか?

その原因は『陰』が増加しているからかもしれません。
冬という季節は自然界で最も『陰』が増加する季節なんです。

はてなのコメントアイコン素材 2 陰ってなに?
中医学の基本となる考え方で、自然界に存在するものはすべて
『陰』と『陽』の2つの要素に分けることができるというものです。
陰は・・・月、夜、女性
陽は・・・太陽、昼、男性など
対立しながらもお互いに影響を与え合いバランスをとっていて、片方だけでは
存在できないものです。

冬に『陰』が増えるということは、対である『陽』が不足している状態です。
陽が不足すると体を動かして温める力が作れず、冷えが生じてしまいます。
冬の寒さで体が縮こまり毛細血管が収縮して血の巡りが悪くなり、
血の巡りが悪くなると、手足が冷え、体が疲れやすいなどの症状が起こってくるのです。

女性に多い冷え性の症状も冬に一層辛くなるのは、体を温める力がさらに弱まって
しまうためなのです。

     ネギスープ

そこで!!
できるだけ体に負担をかけずに温めて、なおかつ栄養も摂れるスープの出番です!
葱、生姜、にんにくと言いましたが、他にも冬の体に合う食材がありますので、
次にご紹介します~

スポンサードリンク

冬にとるべき食材はこれ!!意識して食べたいもの

 

冬は温熱性のある食材を積極的に食べて、体を温めましょう。

温熱性の食材はこちら↓
もち米、鶏肉、豚レバー、ナマコ、太刀魚、コリアンダー、葱、生姜、ニンニク
胡椒、玉ねぎ、ヨモギの葉、カボチャ、杏、栗、黒砂糖、酒、黒酢など

また冬は五臓の『腎』と関係が深いので、腎を補う食材も有効です。

はてなのコメントアイコン素材 2 五臓の腎(じん)とは?
腎は尿の排泄、人の成長や発育、生殖や老化と関係が深い臓器です。
また命の根本となる「精」を貯蔵する『腎』は『腎精じんせい』とも呼ばれます。

この腎精には各臓腑や組織を温める作用の『腎陽じんよう』と、
各臓腑や組織を潤し、滋養する作用の『腎陰じんいん』があります。

この腎陽と腎陰の働きを補う食材はこちら↓
・腎陽を補い体を温めるもの
干しエビや桜エビ、くるみ、羊肉、ニラ、八角、酒

・腎陰の働きを増やすもの
白キクラゲ、黒ゴマ、黒豆、ナツメ、クコの実、あわび、鴨肉、豚肉、牡蠣など

ご紹介した食材は冬の季節に見かけることが多い物です。
上記の他にも根菜類や白菜や大根など、野菜や豆類を追加してボリュームがある
スープなどもいかがでしょうか。

冬は風邪やインフルエンザなど、寒さから起こる症状が多いので、
『意識して積極的に体を温めるものを食べる』これが重要です^^

スープの他に体を温める飲み物やまとめについてはこちら↓
arrow039_02 体を温めるココアの気になるカフェイン量。効能と栄養は?

arrow039_02 生姜パウダーで冷え性改善!生姜パウダーの使い方と効能

arrow039_02 体の不調を改善しよう!不調を改善する飲み物や食材のまとめ 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. 比較
    玉ねぎ皮茶を自分で作って飲んでみました! 市販品を買って飲み比べしてみましたよ!以前から試してみたい…
  2. 雑穀米ランチ
    スーパーに並ぶ玄米と雑穀米、いつもどちらにしようか悩みますよね。種類がたくさん入ってる=栄養がある気…
  3. ハナノアとハナクリーンS
    毎年の花粉症対策に始めてみた鼻うがい。 思わぬスッキリ感が体験できたので、現在継続して鼻うがいを実践…
  4. いちじく1パック
    ふっくら美味しいいちじくが手に入ったら、ドライいちじくを作りましょう! ヨーグルトに入れたり、パン…
  5. 土付きらっきょう
    土らっきょうが手に入ったので、簡単ならっきょう漬けを作りましたよ~!!毎年5月も終わりに近づくと、並…
ページ上部へ戻る