米糠(米ぬか)を食べると美肌になる?米ぬかの栄養と効能!

米ぬか

この記事を読むのに必要な時間は【約 5 分】です。どうぞお楽しみください!

米ぬか、買っちゃいました!!500g70円とビックリな値段でしたよ^^

兵庫県はJR六甲道の駅に直結したプリコ六甲道という建物があります。
その1階に『神戸ミカシエ』という食材を取り扱っているお店があるのですが・・・
(※2016年2月時点、御影新星堂さんの六甲道店です。)

ここがまた色々な食材を取り扱っていて面白いお店なんです!!
お米からお酒、コーヒー、パン、調味料に粉類と美味しそうな品がたくさんあるため、変わった食材を見るのが好きな方にはとても楽しいお店です。

当初は玄米を2kgだけを購入すると予定でしたが、以前から米ぬかを食べてみたかったので「チャーンス!!」と思って迷わずゲットしました。

そこで今回は
・米ぬかの栄養と効能とは?
・米ぬかを食べてみた感想
この2点についてご紹介します!!

スポンサードリンク

米糠(米ぬか)の栄養と効能。美肌や美容・健康にもってこい!

 

先に米ぬかの栄養と効能を解説します!

麦の稲穂のアイコン素材米ぬかのこと
米ぬかとは玄米の表面にあるかたい皮のことです。

玄米は精米すると『胚乳(白米)』『ぬか層・胚芽』に分かれます。
米ぬかとはこの『ぬか層・胚芽』部分のことを呼びます。
玄米からわずか10%ぐらいしか採れない貴重なものなんです。

麦の稲穂のアイコン素材米ぬか100gの栄養素の量を100とした場合、全てが100!
カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・たんぱく質(13.2g)
ビタミンB¹(2.5mg)・ナイアシン・葉酸・食物繊維(7.8g)
※栄養数値は分かる成分だけ記載しています。

 

指さしチェック緑 米ぬかの栄養はここがスゴイ!

ボタン黄緑 ビタミンB¹含有量が圧倒的に多いこと!
ごま(約1mg)や豚肉(0.6~1.22mg)よりビタミンB¹が豊富です。
ビタミンB¹は糖質をエネルギーに変えるため、パワーの源と言われます。

ボタン黄緑 食物繊維の豊富さ!
食物繊維の成人女性の1日の推奨量または目安量は17gです。
米ぬか100gに含まれる食物繊維は7.8gなので、その豊富さがよくわかります。

      殻付き
この一粒一粒の米ぬかにはすごい効能があるんですよ^^

続けて米ぬかの効能をチェックしましょう!

麦の稲穂のアイコン素材美容に効く米ぬかパワー

・ビタミンEの抗酸化力が綺麗な体を保つ!
 体内で使われない酸素は錆び付いて活性酸素に変化し、体を酸化させます。
 天然の抗酸化剤でもあるビタミンEが酸化を抑えます。

・白い肌を保つ!
 米ぬかは紫外線を吸収してシミのもととなるメラニンの生成を抑えます。
 またうるおいを保つセラミドも米ぬかに含まれています。

・ダイエットにも効果がある!
 米ぬかには中性脂肪の増加を抑制する働きがあります。
 脂肪代謝を改善する働きや、コレステロールの吸収を抑える働きもあります。

麦の稲穂のアイコン素材健康生活をサポートする米ぬかパワー
・コレステロールを低下させる植物ステロール!
 米ぬかは脂質の代謝を改善してコレステロール生成を抑えます。
 植物ステロールはコレステロールの吸収を防ぎ、低下させる働きも。

・女性にもぴったりな米ぬか成分
 米ぬかは女性ホルモンのバランスを整える成分があります。
 ビタミンEや食物繊維が冷え性や便秘などを改善するのです。

・血糖値の上昇を抑え、動脈硬化の予防にも!
 糖質の吸収を緩やかにする成分が血糖値の上昇を抑えます。
 植物ステロールが血中コレステロール値を低下させ、動脈硬化を予防します。

 

栄養が豊富で美容や効能に良い効果がある米ぬか。
ぬか床のイメージが強いですが、どんな味がするのでしょうか?
さっそく食べてみた感想をご紹介します^^

スポンサードリンク

米ぬかを食べてみると・・・!!

 

食べた結果から先に言ってしまうと・・・
『匂いは香ばしく、ふんわり甘くて意外に食べれる』です^^

ここからは食べるまでの工程を画像で解説していきます。

麦の稲穂のアイコン素材米ぬかをから煎りして美味しく食べよう!

米ぬかをフライパンでから煎りします
米ぬか煎り中

500gの半分250gをから煎りします。
・フライパンに油は引かずに米ぬかを入れて火にかけます。
・煎る時間は7~8分で火力は中火。
・混ぜないと底から焦げるので、たえず木べらでまんべんなく混ぜます。

使った米ぬかはしっとりしてました。
乾燥が進んでいる米ぬかなら煎る時間は短くしてください^^

ふんわり香ばしい匂いがしてきます。
から煎りし過ぎると苦味が増すので、焦げた匂いがしたものは使用NGです。

米ぬかの水分が抜けました
米ぬか煎り後
250gの米ぬかの水分が減って236gになりました。

米ぬかの色を比較してみると?
米ぬか色比較
左が煎り後、右が煎る前です。色が少し茶色くなってます。

米ぬかの保存方法
米ぬか保存
食べる分だけから煎りして密閉容器に入れて冷蔵保管しましょう。
から煎り前の米ぬかも密閉容器に入れて冷凍しましょう。
冷蔵保存は2週間ほどで食べきります。冷凍保存の賞味期限は1か月ほど。
米ぬかになった時点で酸化は進むので、できるだけ早く食べきりましょう!

ではさっそくお味噌汁でいただきます!!
米ぬか味噌汁
お味噌汁に米ぬかを大さじ1入れてみます。

ドキドキ・・・口に入れる前はほんの少しだけぬか臭がします。
でも口に入れるとぬか臭は全然気にならないです。
ふんわり香ばしく、甘くて食べやすかったです^^

朝食のヨーグルトに振りかけてみると・・・
米ぬかヨーグルト
おお!これも気にせず食べれます!バニラアイスにかけてもいけますね^^

 

指さしチェック緑米ぬかの1日の目安は大さじ2杯
米ぬかを食べてみた結果は「ふりかけ気分で使える!」ということが分かりました。
味に癖がないので飲み物や野菜炒めなどにも気軽に使えます。
朝のカフェオレや夕食のお味噌汁にも毎日無理なく使えそうです^^

しかも500g70円とかなりの高コスパなので、見かけたらぜひ試してみて下さい!
我が家の春は米ぬかと玄米が大活躍しそうです!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事はこちらをどうぞ!

食べるだけではなく、米ぬかの石鹸も使ってみました!
味噌器入り 米糠(米ぬか)石鹸で肌モチモチ美肌効果も!米ぬか石鹸体験

米ぬかから作られている『こめ油』はご存知ですか?
サラダ油より優れた効能がたくさんありますよ^^
油 こめ油の栄養と効果効能。美肌に良い理由と気になる製造方法

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. ゴーヤ
    ゴーヤとおかかの相性が良いのを知って以来、ゴーヤの和え物にハマってます。夏バテ予防に我が家もゴーヤを…
  2. チョコブロック2
    美味しいチョコレート食べてますか? ちょっと一息つきたいときにチョコレートを食べると、ホッとしますよ…
  3. 大福豆
    白いんげん豆と白花豆は、実は違う種類の豆だとご存知でしたか?白いんげん豆はマメ科インゲン属の『いんげ…
  4. 小豆の煮汁
    いつも捨ててしまう小豆の煮汁を、思い切って飲んでみましたよ!豆の煮汁を飲む機会はなかなかありませんよ…
  5. ハナノア
    鼻うがいしたいけど、なにを使えばいいのか分からない・・・ 生理食塩水を使って自分で鼻うがいするほうが…
ページ上部へ戻る