白米は玄米と比べて栄養がない?注目したいのは白米の食べ方

[最終更新日]2016/03/18

白米は栄養素がないから、玄米や雑穀米を食べるほうがいい。
あなたはそんな風に決めつけてはいませんか?

だとしたら、少しもったいない考え方です。

なぜもったいない考え方かと言うと・・・
白米は体調が優れないときこそ、食べてほしい効能があるからなんです!

白米の効能とはなにか?
今回は『体調が優れないときこそ食べてほしい白米の効能』についてご紹介します!

スポンサーリンク

体調が優れないときこそ食べてほしい白米の効能

 

カゼや胃腸の調子が悪いときはお粥が最適なんです。

小さな頃からカゼを引いたときに、よくお粥を食べませんでしたか?
その他にもお腹の調子が悪かったり胃がもたれてるな~と言うときなど、お粥の出番は比較的多かったかと思います。

なぜ胃腸の不調時にお粥がいいのかと言うと、きちんとした理由があるのです。

中医学で言うところの『米』はエネルギーの源になる主食のことです。
どんな働きがあるのか?
米の効能と期待できる働きをご紹介しますね^^

陰陽 米の効能や期待できる働き
米の効能
・脾胃の働きを回復させる
・脾の働きを正常にし、下痢を止める
・イライラや口の渇きを解消する
・細菌による下痢を止める

米の期待できる働き
・消化不良
・食欲不振
・下痢
・胸苦しく口が渇く

※脾胃とは人体の五臓の『脾』と六腑の『胃』のことを言います。

指さしチェック黄消化・吸収機能が低下しているときの米のお粥は最適!
『脾』と『胃』は経絡(気や血の通り道)を通じて、一対の陰陽関係にあります。
『脾』は消化器系等全般の働きを担っていて、栄養物質を全身に運びます。

脾の働きが低下すると胃の働きも低下し、胃もたれなどが起こりやすくなるのです。
また脾は内臓や組織の位置の維持にも関係しているため、働きが低下すると下痢が起こりやすくなります。

お粥2
米は消化・吸収して栄養を全身に運ぶ脾胃の働きを回復させてくれます。

カゼで消化機能が低下しているときや、胃腸の具合が悪く下痢をしているときなど。
体調を崩しているときにこそ、お米の力は発揮されるのです。

もちろん、純粋にお米を食べるだけでもエネルギーになります。
『食べて無駄になる』ということはないんですよ!

それでもやはり白米の栄養価は気になりますよね?
続けて、具体的に白米の栄養はどれぐらいあるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

玄米と比べると確かに白米の栄養価は少ない!それでも!

 

さっそく玄米と白米の栄養価の表を作ってみました。

※七訂日本食品標準成分表をもとにした可食部100g当たりの栄養素の量です。
※栄養の隣の()内は成人女性の1日の推奨量または目安量です。

  玄米(水稲穀粒) 精白米
エネルギー 350kcal 356kcal
たんぱく質(50g) 6.8g 6.1g
カリウム(2000mg) 230mg 88mg
鉄(11mg) 2.1mg 0.8mg
亜鉛(9mg) 1.8mg 1.4mg
ビタミンE(6.5mg) 1.2mg 0.1mg
食物繊維(17g) 3.0mg 0.5mg

グラフに記載したのはそれぞれ一部の栄養です。
確かに精白米より玄米のほうが栄養数値が高いです。

エネルギーはさほど変わりませんが、カリウムや鉄、食物繊維などは玄米のほうがとても豊富ですね。

玄米ザル

「じゃあやっぱり玄米食べる方がいいんじゃないの?」
と思ってしまいがちですが、玄米の弱点は消化の悪さにあります。

指さしチェック黄 玄米にも弱点はあった!
胃腸の調子が優れないときの玄米は、消化の負担になってしまいます。
玄米と同じく栄養が注目される雑穀米も、消化の良さで言えば白米には勝てません。
食物繊維が豊富というのは嬉しい反面、不調時には身体への負担となるのです。

 

麦の稲穂のアイコン素材 白米のまとめ
・米は体調が悪いとき(消化不良時など)に脾胃の働きを回復させる
・玄米と比較すると、やはり栄養価は少ない(玄米にも弱点はある)

以上のことから、私なりに考えたことがあります。

どちらを食べればいいか?と決めつけるよりも、
『体調に合わせて選ぶこと』がより自分の身体にとって良いことではないか
ということです。

単純に言えば『元気なときは玄米、体調が優れないときは白米』です^^
一つの食材の良いところと劣っているところを上手に活かせることが一番ですね。

ぜひお米と上手にお付き合いください。
ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

関連する記事をまとめて見やすくしました!
チェック黄健康に良い野菜を食べよう!美味しい野菜の栄養と効能・効果
チェック黄自分で色々作ってみた&商品を試してみた正直な感想のまとめ
チェック黄体の不調を改善しよう!不調を改善する飲み物や食材のまとめ
チェック黄2016年花粉症対策まとめ。鼻うがいと腸内環境改善で克つ

スポンサーリンク

おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 大豆の花

    2017-8-15

    大豆の栄養と効能!大豆イソフラボン含有量はどれくらい?

  2. 烏梅

    2017-8-7

    烏梅(うばい)とは何か?効能と烏梅汁(烏梅湯)の作り方とは?

  3. 切り干し大根

    2017-8-1

    切り干し大根の栄養と気になる糖質!乾物でも食べ過ぎには要注意?

  4. くるみ4

    2017-7-24

    くるみの栄養と効能!知らないと損してるクルミのパワーとは?

  5. 2017-7-19

    トマトとミニトマトはどっちが栄養豊富?リコピン含有量は?

  6. 2017-7-13

    空芯菜(ようさい)の栄養と効能!葉は生でも食べられるって本当?

  7. 立派な大葉

    2017-7-1

    大葉(シソ・紫蘇)の栄養と効能!効果的なその使い方とは?

  8. 青紫蘇5

    2017-6-16

    大葉の食べ過ぎはどうなるの?気をつけたい1日の摂取量は?

  9. 赤紫蘇と青紫蘇

    2017-6-8

    赤紫蘇と青紫蘇の違いは?食べるならどっちが体に良いの?

  10. 木漏れ日

    2017-4-15

    【薬膳の基礎知識その6】整体観(人と自然の関係と六気・六淫)

ピックアップ記事

  1. 生のくるみを、ジャボンと水に沈めてみました。くるみが生で食べられると知ったので、さっそく水に浸けてみ…
  2. 生姜は体を温めてくれるものだけど、1日どれぐらい食べたらいいの?そんな風に思ったことはないですか? …
  3. 味噌作り2年目のみたらしが、今度は麦味噌作りました! 2016年に初めて味噌作りに挑戦してから、2…
  4. 本格化してきた花粉症の症状。 鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどが頻繁に起こると、気力が萎えてしまいます…
  5. 美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
ページ上部へ戻る