緑豆の栄養と効能!夏の暑気あたりを改善する優秀な豆だった!

緑豆

この記事を読むのに必要な時間は【約 4 分】です。どうぞお楽しみください!

あなたは緑豆を食べますか?実は緑豆は夏こそ食べてほしい豆なんです!

緑豆と聞くと思い浮かべるのが緑豆もやしですが、今回ご紹介するのはの方です。
比較的安く手に入るお豆ですが、大豆ほどメジャーな存在ではありません^^;

しかし、この緑豆(ムング豆とも言われます)。
実は利尿作用に優れていて、暑い夏こそ食べてほしい優秀なお豆さんなんです!

そこで今回は

  • 緑豆の栄養
  • 緑豆の効能
  • 緑豆のもどし方と茹で方

以上の3点についてご紹介します!
夏が暑くて苦手な方、お豆好きさんは要チェックです^^

スポンサードリンク

 

緑豆の栄養はミネラル豊富でビタミンも多数含まれてる!

 

緑豆の栄養成分はミネラルが豊富なことにあります!

その反面、ビタミン類は含有量がやや少なめ。
しかし、少ないながらも種類は豊富に含まれているので、全く栄養がないという訳ではありません。

そして、緑豆の注目する栄養成分は鉄分たんぱく質です。
たんぱく質量は大豆に少し劣りますが、鉄分は大豆と同等の量が含まれています。

ではその他の栄養はどうでしょうか?わかりやすく表にしてみました^^

※七訂日本食品標準成分表をもとにした可食部100g当たりの栄養素の量です。

  緑豆乾 緑豆ゆで
 エネルギー  354kcal 137kcal
 たんぱく質 25.1g  10.2g 
カリウム 1300mg 320mg
カルシウム 100mg 32mg
マグネシウム 150mg 39mg
リン 320mg 75mg
5.9mg 2.2mg
亜鉛 4.0mg 0.8mg
モリデブン 410mcg 140mcg
葉酸 460mcg 80mcg
食物繊維 14.6g 5.2g

上記の他にもビタミンA、E、K、B群やパンテトン酸が微量ですが含まれています。

指さしチェック黄 緑豆はスープにしてビタミンを緑黄色野菜などで補って!
ビタミンの含有量が少ない緑豆は、緑黄色野菜と組み合わせて食べましょう。

緑豆2

例えば夏の季節であればトマトと一緒にスープにするか、豚肉やズッキーニと合わせて塩麹で炒めてもバランスがとれますよ^^

冬であれば、南瓜や葱、しいたけなどのきのこ類と合わせてもいいですね。
もちろんご飯と一緒に炊いても食べれます。好みの方法で食べましょう。

では続けて、緑豆にはどんな効能があるのでしょうか?
気になる効能をチェックしましょう!

スポンサードリンク

緑豆の効能は利尿作用や体内の熱を逃がすこと!

 

そう、なんと言っても緑豆の効能は利尿作用があることです。

豆 緑豆の効能
中医学的な効能
・身体にこもった余分な熱を冷ます
・体内の余分な水分を排出する
・暑さによる症状を改善する
・解毒する

陰陽 緑豆は中医学では甘味で寒・涼性の食材!
甘味で寒・涼性の性質をも緑豆は心・胃経の機能を改善する働きがあります。

寒涼性の食材は身体にこもった熱邪を取り除きます。
その他にものぼせやイライラ、解毒作用の働きが期待できます。

その他にも
チェック黄暑気あたり
チェック黄滋養作用や体力増進
チェック黄糖尿病
チェック黄排尿が困難な症状の改善
チェック黄むくみ
チェック黄酒の毒による症状
チェック黄口内炎
などの効果が期待できます。

指さしチェック赤 こんな症状がある人は緑豆は控えて!
脾胃が冷えやすい人や、下痢の人は控えましょう。
身体が冷えている状態で、さらに身体の熱を冷ます緑豆はNGです。
お腹を下している場合も同様に、緑豆を食べるのは控えましょう。

 

豆類の中でも利尿作用や解毒作用の効果が期待できる緑豆。
特に夏の暑気あたりには有効で、台湾などでは緑豆を冷やしぜんざいにして食べて暑い夏を凌ぐそうです。

緑豆は小さな1粒からは想像できない、優秀な効能を持ってるんですよ^^

では最後に、夏こそ食べたい緑豆の戻し方と茹で方を簡単にご紹介します!

 

緑豆のもどし方と茹で方!

 

緑豆のもどし方は大豆ほど時間がかかりません。

豆 緑豆のもどし方
乾燥緑豆1カップ分を、水1.5カップ(300cc)で2~3時間おきます。

豆 緑豆の茹で方
1:2~3時間おいた緑豆をつけ汁ごと鍋に入れ。、中火で茹でます。
2:アクを取りながら20分ほど茹でれば完成です。

冷やしぜんざいなどにするなら、茹でる時にお好みの砂糖を入れましょう。
スープにするならつけ汁ごと使っても問題ないです。炒め物にする場合は、つけ汁から出して使いましょう。

 

次回は緑豆を使った冷やしぜんざいをご紹介します!
冷やしぜんざいできましたよ~!!
チェック黄緑豆ぜんざいで暑さスッキリ!冷やして美味しい夏のおやつ!

暑すぎて辛くなる前に、身体の熱をうまく逃がしましょう^^

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

他にも見逃せない豆の栄養はこちらにあります!
チェック黄小豆の煮汁は捨てないで!小豆の栄養と煮汁の効能・効果
チェック黄白いんげん豆の栄養と効能!食物繊維は大豆より豊富で凄い!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. 緑豆
    あなたは緑豆を食べますか?実は緑豆は夏こそ食べてほしい豆なんです!緑豆と聞くと思い浮かべるのが緑豆も…
  2. らっきょう皿
    パリパリポリポリ・・・数時間後、何だかお腹が痛い・・・! もしかしたらそれは、らっきょうの食べ過ぎ…
  3. 男性マスク
    前回は花粉症を悪化させる食べ物を8種類ご紹介しました。 まだ見てない方はこちらをどうぞ↓  花粉症を…
  4. 玄米アップ
    あなたの推し米(マイ)はありますか? 我が家の2016年2月現在の推し米は『玄米』です。白米より栄養…
  5. 金針菜
    金針菜って、ご存知ですか?実は鉄分がほうれん草より豊富な食材なんですよ!薬膳の教本に紹介されている素…
ページ上部へ戻る