モロヘイヤの栄養がスゴイ!ビタミンA含有量はトップクラス!

モロヘイヤ

この記事を読むのに必要な時間は【約 5 分】です。どうぞお楽しみください!

モロヘイヤって、食べたことありますか?

青汁に入っているのは知ってますが、私はまだ食べたことないんです。
食べたことないと言うか、ちょっとだけモロヘイヤを避けてます。

なぜなら、苦そうなイメージがあるから^^;

名前からして苦そうなイメージ(←失礼)がありますが・・・
実はこのモロヘイヤ、栄養価がとっても高いのはご存知ですか?

栄養数値を見てみると「なにこれ!?」と驚くぐらい栄養が豊富なのです。これは、頑張って食べるべきなのか・・・!!

ということで今回は、モロヘイヤを食べる前に栄養と効能をチェックしましょう!特にビタミン類に注目ですよ~^^

スポンサードリンク

 

モロヘイヤの栄養価はどれぐらい?

 

モロヘイヤは茹でたものより、がおすすめ!
茹でてしまうと、ミネラルやビタミンがかなり減ってしまうからです。

下の表では、生と茹でた数値をご紹介してます。
2つの違いを見比べてみてください^^

※七訂日本食品標準成分表をもとにした可食部100g当たりの栄養素の量。

  モロヘイヤ(生) モロヘイヤ(ゆで)
 エネルギー 38kcal 25kcal
 水分 86.1g  91.3g 
 たんぱく質 4.8g  3.0g 
脂質 0.5g 0.4g
無機質
ナトリウム 1mg 0mg
カリウム 530mg 160mg
カルシウム 260mg 170mg
マグネシウム 46mg 26mg
リン 110mg 53mg
1.0mg 0.6mg
亜鉛 0.6mg 0.4mg
その他
食物繊維 5.9g 3.5g

※ビタミンは次章でご紹介します。

生のモロヘイヤは、たんぱく質にカリウム、カルシウム、鉄などのミネラルが豊富に含まれています。

指さしチェック黄 食物繊維は100gで1/3摂取できる!
100gで成人女性1日の目安量(17g)の1/3を摂取することができるので、上手に取り入れて腸内環境を整えましょう。

ただし、モロヘイヤの食物繊維は不溶性です。
ネバネバ系(オクラや山芋)と一緒に合わせてバランス良く食べてください^^

指さしチェック黄 モロヘイヤの栄養価を活かすなら生がおすすめ!
栄養を逃がさないためにも、モロヘイヤはサラダがおすすめです。

サラダ

ネバネバ系サラダや、鶏のささみや豆類などのボリュームサラダもいいですね!せっかく栄養が豊富に含まれているので、うまく活かしましょう!!

それでは続けて、見逃せないモロヘイヤのビタミンについてご紹介します!

スポンサードリンク

ビタミンAはかぼちゃの2倍以上!?

 

なんといっても栄養価が豊富すぎるのが、ビタミンA。
野菜の中でもトップクラスの含有量です。

どれだけ含有されているかと言うと・・・

  • モロヘイヤ生:840mcg
  • モロヘイヤゆで:550mcg

※ビタミンAはレチノール活性当量を記載。mcg=マイクログラム(1gの10万分の1)

なんですが、どれぐらいスゴイか分かりづらいですよね^^;
そこで別の野菜と、ビタミンAの含有量を比較してみると・・・

  • ほうれん草&かぼちゃの約2倍!
  • こまつな&かぶ&にらの約3倍!
  • 人参より豊富!(人参は720mcg)

人参

名だたる緑黄色野菜よりも、モロヘイヤのビタミンA含有量は上なのです。

では他のビタミン類はどうでしょうか?

  モロヘイヤ(生) モロヘイヤ(ゆで)
 ビタミンE 6.5mg 3.4mg
ビタミンK 640mcg 450mcg
ビタミンC 65mg 11mg
葉酸 250mcg 67mcg
パントテン酸 1.83mg 0.70mg

※ビタミンDなし。ビタミンB¹・B²・B⁶は微量。

ビタミンE、ビタミンK、葉酸は100gで成人女性の1日目安量を達成してます!!

ここまでビタミン類が豊富な野菜は、なかなか見ないですね^^;

ではこの栄養はどのような効能があるのでしょうか?続けてどうぞ!

 

モロヘイヤは積極的に食べたい効能がたくさんある!

 

モロヘイヤの効能を、簡単に分かりやすくお伝えしますね!

指さしチェック黄 ビタミンAは美肌に欠かせない!
ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きをします。
口や鼻、のどの粘膜を守り、髪や爪、皮膚の乾燥にも関係するビタミンです。

 

ビタミンA以外の効能はこちら!

      
  • カリウムがナトリウムの排出を促進して、血圧上昇を抑える
  • カルシウムは骨を作る大事なミネラル。骨粗しょう症を予防する
  • ビタミンA(βカロテン)は抗酸化作用を発揮して、がんを予防する
  • ビタミンCが疲労回復、風邪予防、メラニン色素の生成を抑制する
  • ビタミンKは出血時の血液凝固効果と骨の形成に役立つ
  • 食物繊維は腸内の掃除係!老廃物を体外へ排出する
  • ムチンは血糖値やコレステロールの上昇を抑える

これらの働きが期待されます。
今まで様々な食材の栄養や効能のことを調べてきましたが、その中でもモロヘイヤは優秀な栄養の持ち主と言えます^^

今まで食べなかったのが、ちょっともったいなかったですね(;´・ω・)

では最後に、今回のまとめ&あとがきをつぶやいてみました。

 

今回のまとめ&あとがき

 

指さしチェック黄モロヘイヤの栄養価は緑黄色野菜の中でもトップクラス!

ビタミンAの含有量は

  • モロヘイヤ生:840mcg
  • モロヘイヤゆで:550mcg

他の野菜と比べると

  • ほうれん草&かぼちゃの約2倍!
  • こまつな&かぶ&にらの約3倍!
  • 人参より豊富!(人参は720mcg)

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保ち、美肌に欠かせないビタミンです!

指さしチェック黄 モロヘイヤの栄養を活かすなら『生』がおすすめ!

茹でるとビタミンやミネラルが減ってしまうので、サラダがおすすめですよ^^

数ある緑黄色野菜のビタミンA量を上回るモロヘイヤ。
その葉っぱの1枚1枚には、驚くほど豊富な栄養を含んでいました。

苦そうとか言ってる場合じゃありません。

食べなきゃ。モロヘイヤ!!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました~!

モロヘイヤの茎に毒!?すごく気になるモロヘイヤの注意点とは!
チェック黄モロヘイヤの茎は食べれる?茹で方と食べ方はどうすればいい?

もうそろそろ夏本番!バテたくなかったら甘酒飲みましょう!!
チェック黄【甘酒】酒粕甘酒と米麹甘酒の違い。どちらが栄養価が高い?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. 寒椿
    あぁ~寒い!早く家に帰ってこたつ入りたい!! 秋の涼しさを通り越して冬になると、段々と布団から出る…
  2. フルーツ3つ
    フルーツ甘酒作りました!キウイ味最高です!!ほんとに美味しかったです!!2016年の4月から始まった…
  3. 雑穀米ランチ
    スーパーに並ぶ玄米と雑穀米、いつもどちらにしようか悩みますよね。種類がたくさん入ってる=栄養がある気…
  4. 杏アップ
    さあ、今年も杏の季節がやってきました!去年は出会えなかった杏。悔しい思いをしたので、今年は取り寄せて…
  5. 土付きらっきょう
    土らっきょうが手に入ったので、簡単ならっきょう漬けを作りましたよ~!!毎年5月も終わりに近づくと、並…
ページ上部へ戻る