葱(ネギ)の栄養と効果。ネギは食べ過ぎると腹痛になる?

[最終更新日]2016/03/25

白ネギと青ネギの違いをご存知ですか?実はネギは大きく分けて2つに分類されます。

それは「長ネギ(根深ねぎ)」「青ネギ(葉ねぎ)」です。

関東では軟白栽培の長ネギ(白ネギ)。土に深く植えて、白い部分を太らせて食べます。
関西以南では九条ネギなどで有名な青ネギ。葉が香り高い細ネギです。

白ネギと青ネギの違いは品種の違いだったのです!

全国では様々な品種のネギがあり、八百屋でも豊富な種類を見るようになりました。
私が住んでいる兵庫県にも日本三大葱(下仁田ねぎ、博多万能ねぎ)のひとつ、
「岩津ねぎ」が生産されてるんですよ^^

今回はその葱が主役。ネギの栄養や効果。食べ過ぎたときのことなどご紹介します!

スポンサーリンク

硫化アリルなど薬効成分がある!葱の栄養と効果

 

ネギの白い部分と緑色の部分では含まれている栄養が異なります。
白い部分は含硫化合物の硫化アリル(アリシン)など。
青い部分はβカロテン、ビタミンC、カリウムなどです。

そこまで突出した栄養数値はなく、葉野菜などと比較するとビタミンやミネラルの
含有量では劣るネギですが、実は殺菌や抗菌効果などに優れている野菜なんです!

はてなのコメントアイコン素材 2 含硫化合物(がんりゅうかごうぶつ)ってなに?
硫黄化合物(いおう)とも言われ、主にアブラナ科の野菜に含まれていて、
ニンニクの強烈な刺激臭や大根の辛味成分などの物質があります。

強い香りのもと、硫化アリル(アリシン)は血液をサラサラにする!
ネギの白い部分に含まれる硫化アリルはネギ類特有のものです。

はてなのコメントアイコン素材 2 硫化アリル(アリシン)ってなに?
含硫化合物のうちの1つでニンニクや玉ねぎなどにも含まれています。
硫化アリルの代表的な成分はアリインですが、アリインは体内に入ると、
酵素に分解され、強力な殺菌作用があるアリシンに変化します。
アリシンの効果としては、

・強い香りが胃酸の分泌を促し、消化を促進する
・疲労を回復する

・血液をサラサラにして血糖値を下げる
・血流をよくし、冷え性を改善する

などがあります。

     葱アップ
ビックリマークのアイコン素材 7 硫化アリル(アリシン)は空気に触れると効果を発揮する!
水溶性の硫化アリルを有効に使うためには、水に長くさらすのは避けて、
生で刻んで空気に触れさせて使うと薬効を発揮します。

熱に弱い硫化アリル(アリシン)は加熱すると効能が少なくなります。
ただ甘みも出るため、スープにして溶けだした成分も一緒に摂ると効果的です^^

抗菌作用があるネギオールも含まれている!
ネギの白い部分に含まれているのがネギオールです。
硫化アリル(アリシン)と一緒に抜群の効果を発揮します。
抗菌作用によるウイルスへの抵抗を高め、発汗作用による効果で熱を下げます。

     104691

風邪のときにも効果的なネギの栄養!
体を温め、消炎作用があるネギは風邪やしもやけなどにも効果があるため、
民間療法としては欠かせない野菜とされてます。

特に風邪には効果的です。
悪寒があり熱があるのに汗が出ない風邪や、体の節々が痛む風邪にはネギを試して!
ネギのビタミンCが免疫力を高め、緑色の部分に含まれるβカロテンが粘膜を強くし、
殺菌作用や抗菌作用ある硫化アリル(アリシン)とネギオールが症状を緩和します。

風邪の症状があるときは、ネギを積極的に摂取するようにしましょう。

それでは続けて、ネギを食べ過ぎてしまったときのことをご紹介します!

スポンサーリンク

ネギの食べ過ぎはどうなるの?腹痛や下痢になる!?

 

硫化アリルを含むネギで気をつけたいのが食べ過ぎです。
ネギと同じくアリシンを含むニンニクは空腹時に食べ過ぎると善玉菌を減少させ、
腹痛や下痢を引き起こします。

ネギはと言うと、やはり胃腸が弱いかたは注意が必要です。

生のにんにくほど食べる量は少ないネギですが、胃腸が弱っている時に
ネギがたくさん入った鍋などは控えたほうがよさそうです^^;

他にも

・風邪を引きやすく汗が出やすい人は控えめにする
・食べ過ぎは目ヤニが多くなり、脱毛しやすくなる

など、ネギの食べ過ぎに注意したい点があります。

用途に合わせた使い方を簡単に説明します!
・ネギの薬効を期待するなら生で刻んで空気に触れさせて食べる。
・風邪のときはネギを刻んでお湯に入れて飲む。
・ネギの甘さを楽しみたいなら成分も摂取できるスープなど。

冬が旬のネギは優れた薬効をもつ野菜です。ぜひ美味しく召し上がってください^^

アリシンを含むにんにくの記事はこちら↓
arrow039_02 にんにくの効果的な食べ方とニンニクの臭いの消し方とは

他にも栄養が豊富な野菜のまとめ記事はこちらです↓
arrow039_02 健康に良い野菜を食べよう!美味しい野菜の栄養と効能・効果

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 木漏れ日

    2017-4-15

    【薬膳の基礎知識その6】整体観(人と自然の関係と六気・六淫)

  2. 五臓六腑

    2017-4-2

    【薬膳の基礎知識その5】五臓六腑『臓と腑』の違いと関係とは?

  3. 五行

    2017-3-23

    【薬膳の基礎知識その4】五行の性質(自然界・人の五行モデル)

  4. 2017-3-12

    麦味噌の作り方!麦麹・大豆・天日湖塩で手作り味噌に挑戦!

  5. 2017-2-18

    【薬膳の基礎知識その3】陰陽はこの世の全てに関係するもの!?

  6. 2017-2-2

    【薬膳の基礎知識その2】薬膳の歴史と西洋栄養学との違い

  7. 2017-1-17

    【薬膳の基礎知識その1】薬膳とは何か?どんな役に立つのか?

  8. 2017-1-6

    納豆の食べ過ぎはNG?一日3パックの摂取は思わぬ落とし穴が!

  9. 2016-12-21

    納豆アレルギーの症状と原因!自覚がない場合もあるってホント?

  10. かりんはちみつ漬け

    2016-12-12

    かりんのはちみつ漬けの作り方!花梨の選び方とカビの原因とは?

ピックアップ記事

  1. あなたは無調整豆乳が飲めますか? 体に良いと分かっていても、私はどうしても味が苦手で飲めません・・・…
  2. 生のくるみを、ジャボンと水に沈めてみました。くるみが生で食べられると知ったので、さっそく水に浸けてみ…
  3. イタリア語で「小さなかぼちゃ」という名のズッキーニは、かぼちゃの仲間なんです。どこからどう見てもきゅ…
  4. もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  5. 炒った銀杏が美味しいからって、食べ過ぎたら危険ですよ!! 「お酒のつまみに炒った銀杏最高!」 …
ページ上部へ戻る