りんごをムダなく利用しよう!美味しい皮ジャム作ってみた!

りんご沢山

この記事を読むのに必要な時間は【約 2 分】です。どうぞお楽しみください!

ふじ・ジョナゴールド・紅玉・秋映・王林・むつに早生ふじ!どれが好きですか?

9月から11月の中旬までが旬で美味しいりんごは、様々な用途に合わせて店先に並んでいます。

我が家では毎年、紅玉が出始める頃にアップルパイを作るのですが、今年は無駄なく利用するため、りんごの皮をジャムにしてみました!

紅玉はアメリカが原産の品種で酸味が強く、お菓子やジャムなど加熱調理向きです。

今回はりんごの皮を使ったジャムをご紹介します^^

スポンサードリンク

りんごを無駄なく利用しよう!色鮮やかなりんごの皮ジャム

 

 

fruitsicon01-001s りんごの皮ジャム
【材料】
紅玉3個分の皮
砂糖(我が家は三温糖)大さじ6
レモン汁大さじ1
水1/2カップ

【必要なもの】
保存瓶(煮沸したもの)

【所要時間】
20分ぐらい

 

材料はりんごが家にあればすぐ作れます!
それではさっそく作りましょう!

①紅玉を水でよく洗います。
写真が紅玉3個分の皮です。紅玉の皮はベタベタしているのでよく洗いましょう。
IMG_20151019_091038

②よく水で洗ったら細かく千切りにして鍋に入れます。
IMG_20151020_112120

③ここで砂糖・レモン汁・水を入れて、強火にかけます。
④煮たってきたら中火にして、10分ほどさらに煮ます。
※トロっとしたジャムが好きなので、10分と長めに煮てますが、
サラっとしたものがお好みであれば、煮る時間は短くても大丈夫です。

IMG_20151020_114648
10分煮ると、紅生姜のような鮮やかな色になります。
自分好みのトロっとした加減で完成です。

煮沸した瓶に熱いうちに皮ジャムを入れてください。

☆ポイント
・りんごの皮は新鮮なものを選びましょう。傷んでいるものは避けてください。
・保存期間を長くしたい場合は砂糖を増やしましょう。

バターを塗ったトーストの上に乗せて食べたり、紅茶に入れてロシアンティー風や、アイスクリームの上にメープルシロップと一緒に乗せても美味しいです。

新鮮なりんごが手に入ったら、ぜひお試しください^^

他にも味噌や塩麹など、いろいろ作ってみたまとめ記事はこちら!
チェック黄自分で色々作ってみた&商品を試してみた正直な感想のまとめ

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 熟成後味噌

    2016-12-5

    手作り味噌の保存方法とカビ対策!カビが生えても食べれるの?

    手作り味噌にカビはつきものです! と言われても、実際見ると「カビ生えてるー!!!」って驚きますよね…
  2. しいたけ栽培キット

    2016-11-26

    しいたけ栽培キット2回目は失敗!?原因は温度と浸水だった?

    しいたけが生えません。生えてこないんです・・・。 しいたけ栽培キットを使った1回目の収穫は、あんな…
  3. 灰わかめ

    2016-11-17

    灰わかめ(淡路島の灰干若布)とは?戻し方と食べ方を調査!

    淡路島には灰で干された『わかめ』があるって、知ってましたか? 私が住む兵庫県には淡路島がありますが…
  4. ドライパイナップル

    2016-11-9

    ドライパイナップルの作り方!天日干しするときの3つのコツ!

    ドライフルーツの中でも、パイナップルがけっこう好きです。 フルーツは、ドライにすると甘みが増えて美…
  5. もち麦

    2016-11-4

    もち麦の栄養と効能!1日の摂取量はどれぐらいで効果がある?

    もち麦はそのまま白米と一緒に炊いても、スープにしても美味ですよ!! 前回はもち麦と押し麦の違いにつ…
  6. 牡蠣盛りつけ

    2016-11-2

    牡蠣にあたる原因とは何か?勝手な思い込みが食中毒を招く!?

    牡蠣はあたりやすそうだから喜んで食べれない・・・。 牡蠣の旬がやってくると、目に留まるのが牡蠣小屋…
  7. もち麦と押し麦

    2016-10-28

    もち麦と押し麦の違いは?栄養・カロリー・食べやすさを比較!

    もち麦と押し麦、あなたはどっちが好きですか? 私は押し麦も好きですが、食感で言えばもち麦のモッチモ…
  8. キウイ2個

    2016-10-26

    キウイは皮ごと食べるのが正解!その驚くべき栄養と効能とは?

    美容に良い効果があると言われるキウイフルーツ 近年、黄色い果肉で糖度が20度もあるゴールドキウイや…
  9. 春菊

    2016-10-20

    春菊の栄養と効能!あの独特の香りが食欲不振に効果的だった!

    お鍋に欠かせない葉物の春菊、あなたは好きですか? 私は冬の鍋でしおしおになった春菊と、少し硬めのマ…
  10. stockvault-leaves109588

    2016-10-15

    【薬膳まとめ】季節に戸惑う体と上手に付き合う3つのコツとは

    四季の薬膳、まとめてみました。 季節ごとに影響がでる身体の五臓、そしてその五臓を補うために食べる季…

ピックアップ記事

  1. くるみ50g
    生のくるみを、ジャボンと水に沈めてみました。くるみが生で食べられると知ったので、さっそく水に浸けてみ…
  2. 男女マスク
    鼻の中に残っている花粉を洗い流す鼻うがい。 痛そう・・・というイメージしかないですよね。 以前、私も…
  3. 三五八漬け
    あなたは、三五八(さごはち)漬けを知ってますか?聞き慣れない『三五八漬け』という言葉。 漬けと言うか…
  4. 杏3
    あんずを八百屋で発見したときは、即買いしないと次の日にはなくなってます。我が家では毎年あんずジャムを…
  5. モロヘイヤ
    モロヘイヤって、食べたことありますか?青汁に入っているのは知ってますが、私はまだ食べたことないんです…
ページ上部へ戻る